2017年12月16日

ディープストレンジジャーニー日記その17・牢獄第一圏

第一圏の大ボス。

主人公Lv32、地霊ツチグモLv30、神獣マカミLv32(ブフーラ、魅了突き、フォッグブレス、メディラマ追加、八百万針削除)、邪鬼じゃあくフロストLv30(成仏の拳、メパトラ、リカーム追加)で一発撃破。

敵は、姿形・台詞から、明らかに氷結が得意そうな雰囲気。しかしこちらもじゃあくフロストが氷結吸収、主人公もたまたまアイスベストで氷結無効。ツチグモは氷結に弱いのでちょっと心配だった。
もちろん予想通り火炎が弱点だったが、敵の攻撃もさほど激しくなかった(敵はLv23だったし)。

主人公はアームショットで攻撃力を1段階下げた後は火炎乱撃でデビルCO-OP狙い。攻撃力をもっと下げても良かったが、見た感じ魔法タイプな気がしたので。
ツチグモは、スクンダを1回かけたあとは、ジオンガ<攻撃<ベノンザッパーだったので、ベノンザッパー。
マカミは、フォッグブレスでスクンダ2回分の効果を出した後は、物理攻撃。トリガーハッピー発動時の1回だけメディラマ。
じゃあくフロストは、どうせブフダインは効かないだろうから、成仏の拳。

敵は、体力が半分を切ったあたりで、コキュートスとかいう、氷結ダメージアップ、火炎攻撃使用不能という技を使ってきた。火炎しか能のない主人公は、「突撃指令」を出してみたり、アームショットで更に攻撃力を下げてみたり。敵は銃耐性を持っていたが、目的はタルンダ効果なので気にしない。

力押しで特に苦労も無かった。



posted by 小川 at 22:33| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。