2008年09月21日

ストライキから4年

勝ち負けにこだわらなくなったのは、いつからだろう。


中学のころまでは、ヘタすりゃ体育以外オール5(に相当する成績)を取りかねない俺様でしたが、進学校へ行ってみたら、成績は中の下。すっかりやる気をなくして最後は追試&お情け卒業(専門が確定していたので)。ヒトと競い合うことを全否定はしないが、さほどの意味はないと感じるようになった。もちろん、例の國府田マリ子の影響もあるが。

ホークスが福岡に来る前は、なんとなく弱小阪神ファン。生まれて初めて平和台で見た試合は、大洋vs阪神で、大洋側に陣取った。初めて買った野球帽は近鉄。全部で6球団ぐらい持ってたけど、近鉄と2番目に買った中日しか覚えてない。

ホークスが福岡に来て、テレビでは巨人戦とダイエー戦が平行して見れるようになり、吉村の復活や秋山の美技に心躍らされた。ダイエーのことは一番応援してたけど、敵のファインプレーや完璧なホームランなどには、賛辞の言葉を惜しまなかった。

最近では、ナベツネや宮内、あと星野あたりが嫌いだが、巨人は別に嫌いじゃないし、オリックスも嫌いじゃない。俺の愛した福岡『ダイエー』ホークスはもうないし、今いる町には球団がない。最寄球場を挙げればハマスタだが、熱狂的な横浜ファンでもない。


諸君、俺は野球が好きだ
諸君、俺は野球が好きだ
諸君、俺は野球が大好きだ

小坂が好きだ 大村が好きだ ガッツが好きだ サイレントKが好きだ
金城が好きだ おかわりくんが好きだ ゴリが好きだ マーくんが好きだ 球児が好きだ
札幌で 仙台で 所沢で 後楽園で 神宮で 横浜で 千葉で 名古屋で 大阪で 神戸で 西宮で 広島で 百道で
この日本で行われる ありとあらゆるプロ野球が大好k(ry


あの日、野球が消えた日。

選手の声を、ファンの声を、すべての声を無視したアイツラに対抗する『たかが選手』たち。アイツラにダメージを与える行動、それは諸刃の剣だった。『たかが選手』たちだって分かってる。それでも実行した『たかが選手』たちと、その選手たちを応援した俺たち。ハマスタで、札幌ドームで、そのほか多くの球場で、選手たちはファンに謝りながら、即席のサイン会や握手会、ファンサービスに務めた。

テレビでの古田の言葉。涙はムリして流していたかもしれないけど、その言葉は胸に響いた。


・・・あれから4年。球界は何が変わったのだろうか。あれから何を学んだのだろうか。見えない。俺には変化が何も見えない。いや、少しは変化があったけど(FA関連)。

老齢の広告監督。田澤問題。引退後の選手の問題。人気凋落中の球界の盟主。毎年恒例監督交代劇。既益特権にしがみつき、球界のことなど微塵も考えていない連中が、相変わらずトップにのさばっている。


あれから4年。俺たちは、あの日のことを忘れない。


かまぼんさんトコのブログ見るまで忘れてたことは秘密だ。
ラベル:ストライキ
posted by 小川 at 11:02| Comment(6) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野球に限らず、スポーツはよく見るけども、細かいとこまで分からんのだよな〜。

初野球帽の影響で、何となく好きだったのが阪急。
友だちにファミスタでボコられて広島って強いんだって思い乗り換え。
でも、ブーマーは応援してたw

野球をまともに見始めた頃強かったのがヤクルトだったんで乗り換え。
色々いたけど、バラエティー露出も多かったんで高津押しに。
同時期のパリーグでは阪急の流れでオリックス押しだったかな〜。
イチローすげ〜。守護神平井すげ〜。


大学時代に広島の試合をいっぱい見たけど、周囲のカープ熱に反発し虎さんの応援に回るw
まぁ、金本が移籍で完全に虎へスイッチ。
山内その投げ方じゃ選手生命短そう・・・(ヤッパリ・・・)
前田全試合出場できれば優勝なのに(←広島県人の思い)


基本的にチームというより選手が好きになっちゃうんで、固定して応援してるチームってのが無いんだよね。
で、就職して以来まともに見てないから好きな選手も超ベテランになったり、いなくなったりしちゃって、今は野球を見る気がしない。

とりあえず、金本が打って、赤星が走って、五十嵐が投げて各々タイトルでもとってくれればそれで満足って感じかなぁ。
Posted by きり丸 at 2008年09月21日 14:23
もし10球団になっていたら・・・今頃、巨人と西武と阪神以外は蚊帳の外で消化試合やってたんだろうな。Jリーグみたいに2部があるわけじゃないし、下位球団は閑古鳥が鳴いていることだろう。内川(セの現時点での首位打者)にそれほどの集客力はなかろうし。

娯楽の選択肢は日々増えてっから、常に新しいことをやって、オマイさんみたいなコアとライトの中間に居るヒトの興味を惹かねばならん。新聞社や金貸しの偉いヒトには、それがワカランのです。悲しいのう・・・

あと、前田が全試合出場したとしても、前田嫌い派がいる以上、優勝はムリだと思う。チームに大切なのは個人主義者じゃなくて、チームワークだから。前田はそれを乱す。ベテランがそんなことしたら、若いモンがマネするよ。新井は、自分が打てなくてベンチでムッツリしてる前田を見て、フロントに「あの人と僕とどっちが大事なんですか」と言ったらしいよ。結果は、ご存知の通り。
前田は、広島の癌だと思うよ。
俺個人としては大好きだがな。
Posted by 小川 at 2008年09月21日 21:30
オラは前田より金本の方が好きだったからこそ虎移籍と共に乗り換えたワケで^^;

最終的にプロスポーツ選手の評価は成績云々より集客力だと思ってるんで、その点においてここ数年の低迷振りからするとそもそも日本球界にプロがいるのかどうかに疑問符を付けてしまうなぁ。
Posted by きり丸 at 2008年09月23日 01:13
清原や野村監督ぐらいだろうね。
それでも、140試合固定客集めるほどではないのだから、興行として成功しているかっつーと疑問を感じるわな。

娯楽の多様化に対して、興味を惹くような魅力を提供できないのは事実。だが、某バレーボールみたいにジャニーズのコンサートにするのは、コアファン切捨てに直結するのでオススメできない。旧SNKやジャンプの、露骨な腐女子媚びとかもそうだな。難しいところだな、サービス産業ってのは。
Posted by 小川 at 2008年09月23日 21:25
バレーボールは女子だけでよし。
男子は放送に耐えるほどレベルが高いわけじゃない。
昔はジャニーズいなくても放送に耐えてたのにね〜。
オランダのレフェリンク、ブラジルのルイス全盛の時代は見てたもん。
但し、マイナースポーツだからゴールデンじゃなかったけどね。
ジャニーズとセット販売にしてゴールデン放送で数字取れてるなら、放送局としてはいいんだろうけど、大して数字取れないなら局のためにもバレーのためにもジャニーズを見限る必要があると思う。

腐女子媚びと言えば、ガンダムですな。酷い。実に酷い。
まぁ、富野イズムはしっかり出てるからいいんだけどね。

で、客を呼べる選手清原ってのは同意。
無冠の帝王とは思えない人気w
(厳密には今は無くなったタイトル獲得記録があるんだっけ?)
それなりに固定客入るのって虎?鷹もそこそこ入ってるよね?
千葉の地域密着路線は成功してるのかな?

つくづく厳しい世界だね。
Posted by きり丸 at 2008年09月24日 01:24
打撃三冠(打率・本塁打・打点)を獲ったことが無いから無冠の帝王と呼ばれている。>清原

巨人・阪神・楽天と、あと中日・・・だったかな。それ以外は皆赤字。親会社も「広告費」と割り切ってる。サッカーの一部のチームだけじゃねーのかなスポーツで黒字出してるのは。長崎セインツや高知ファイティングドッグスなんか、今にも死にそうだぜ。
Posted by 小川 at 2008年09月25日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

勝てなくたって良いじゃない
Excerpt: 目の前で野球が見られる。それが幸せ。 10年、100年先の未来のために声を枯らした、あの日を思えば。 プロ野球があっても無くても、...
Weblog: かまぼんの視点
Tracked: 2008-09-22 01:01