2008年08月22日

俺は据え置き機のターゲットから外れている

リアル知人の方は知っていると思うが、俺はとある小さなゲーム会社に勤めるプログラマ(退職を申し出てもうすぐ退職するが)。出向で、北海道の某社や京都の某社、首都圏の某社や某社や某社に出向いたこともある。

まぁ、どこに行っても基本、ゲーム好きで詳しいヤツばっかなんだよな。ウチの会社含めて。取締役もプログラマもデザイナーも企画屋も営業も。せいぜい違うのは経理ぐらいだが、経理のオバ・・・オネエサンは、往々にして801絵師/文章書きだったりする。

さて、俺は基本的に『ゼロから企画を考える』ということが極めて不得意なのだが、企画書の書き方の基本ぐらいは抑えている。

その基本要素の1つに『ターゲット』というものがある。細かく説明するまでもねぇよな。コロコロやジャンプの漫画が原作だったら『小学生男子』。続編物は、『前作経験者』。シューティングや格ゲー、音ゲー、スポーツ、カードゲーあたりは、『そのジャンルが好きな人』。

ところが最近は、サブターゲットに『FC世代だった親』っていうのが増えてきている。

まぁ、分からなくもない。FC世代の連中は、20代後半から30代。結婚し、子供が生まれ、生きるだけで精一杯っていう人たちを『今一度呼び戻したい』という気持ちは分かる。

だがコレがダウトだと俺は思う。

一般サラリーマンではない俺の例を出しても参考にならないかもしれないが、ちょいと書いてみよう。

08:30 起床・メシ・身支度・時間が余れば娘と戯れる
09:30 家を出る
10:40 出社
11:00 始業時間
19:00 終業時間だが当然のように残業
21:00 そろそろ帰るか
22:30 帰宅・メシ
23:00 洗濯物干す(嫁はその間、洗い物)
24:00 自由時間 ただし娘が泣いたら俺か嫁かが飛んでいく その場合ゲームは放置
25:30 風呂
26:00 自由時間
26:30 寝る

ゲームやれるのは、
  1. 通勤電車の中
  2. 会社(これはある意味ゲーム会社の特権だなw)
  3. 自由時間
だが現実には、自由時間でしかゲームはやってない。電車ン中では寝てるし、会社ではサッサと仕事終わらせて帰りたいし。

ただ、この自由時間には、マンガ読んだり、こうやってチラシの裏に落書きしたり、人の日記読んだりする時間も含まれている。ゲームをやってる時間は、上記を省けば1時間半ぐらいはできる・・・っていうのが関の山。

なぁ、こんな俺が、PS3や360の超大作をやる暇があると思うかい? 娘が泣いた瞬間にセーブや、最悪でもポーズをかけることのできないゲームを、やると思うかい?

やんないんだよ。すっかりやらなくなったよ。据え置き機。細かい空き時間はポツポツあるけど、腰を据えてじっくり6時間なんてのは、夢のまた夢。

今と20年前とで、30代以上の人がゲームする割合は、実は大して変わってないんじゃないかと思うんだ。印象論だけどね。
今・・・家庭を持ったFC世代がゲームから離れている。
20年前・・・(俺らの)親はゲーム否定派だった。
んで、未成年の数って、FC世代の俺らが子供だったころより、随分減ってるのは、資料出すまでもないよね。子供の数が20年前に比べて純減ならば、売れるゲームソフトの数も純減だわな普通に考えて。

ゲーム会社としては、純減では困るから、子供に売るついでに、「FC世代だった、親にも買って欲しい」と願い、企画書には冒頭のようなターゲットを書く訳だ。


でもよ、家庭持ちに売れるわけねぇんだよ据え置き機が。やる暇ねぇんだもんよ。そうでなくなって、FF7以降の長ったらしいムービーとか、1日あけると誰が誰だかわかんねぇストーリーとか、そもそもどこ行きゃいいかすら忘れるような広大なマップとか・・・萎えまくりなんですよ。

大作が売れねー売れねー嘆いてる大企業を見てると、アホじゃないかとさえ思うよ。

で、Wiiの考え方は、俺ら家庭持ちにジャストフィットしたんだよ。Wiiスポーツがあんな単純なゲームなのに、なんであんだけ売れたか?

ルールはシンプル。難易度が低いから、ゲーム無知な嫁や親でもやれる。対戦もそこそこ盛り上がる。ワンゲーム数10分。

DSもうまく隙間時間を狙ってきたよな。通勤電車ン中でできるし、セーブできそうになければとりあえずフタ閉じとけばスリープで1日は電池が持つ。昼休みにでもセーブポイントまで辿り着けば良い訳だ。

PSPは、立ち上げ時にそういう発想が無かったからな。PS2のゲームを携帯で! 綺麗でしょDSなんて子供騙しさー! てね。モンハンでようやく盛り返してきたかな。


・・・ということで、据え置き機? うん、まぁせいぜいがんばって作ってくださいや。と思う次第なんだ。
ラベル:ゲーム業界
posted by 小川 at 03:33| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どの業界も比較的金と時間があると思っているのか20代後半〜30代前半を狙ってる気がするんだが・・・

アニメは当時のリメイクばかり。
放送してるのも深夜中心。

パチスロもパチンコもやたらその辺りを狙ってるとしか・・・

ポーズ掛けなくてもいいゲームとしてオラは昔からシミュレーションが大好きですねぇ。
てか三国志と信長、スパロボね。

SFC世代としてはあの程度の操作性。
あの程度のグラフィックで充分。
システム的にも穴とゆーかやりこみ要素がたくさんあってポイント高い。
アクション系とか下手に3Dになったせーで色々と不便を感じること多いので、アクションやるならSFCぐらいまで。PSで買ったアクションとかもうやってないもん。


Wiiやったことはないが、やってるの横で見てて退いた・・・
(ソフトはWiiスポーツじゃなかったが)
スマブラは間違いなく普通のコントローラーでやれるゲームだと思うし。


DSでやるならリメイク版というよりは、寧ろ当時そのままのゲームをやりたいなぁ。FEとかFEとかFEを。
Posted by きり丸 at 2008年08月25日 02:25
独身狙いか、家庭崩壊しても良い旦那狙いか、諦めの良い嫁をもらった旦那狙いか、そのいづれかと思われる。

『初めてのWii』や『Wiiスポーツ』は、我々ゲーマーがプレイするには余りにもチープ。しかしながら、『ゲームしないと死んじゃう病』を患っている我々としては、「燃えプロでも良いからゲームしたい!!」と思う。
だが、家族も大事。
どこで折り合いをつけるかというと、Wiiスポーツだったりする訳だ。

一般的に、旦那の財布は、嫁が握っている。
将(旦那)を射んと欲すればまず馬(嫁)を射よ、ということだと思う。

あとね、大企業にいる連中って、映画に対するコンプレックスがあるみたい。坂口ヒゲとか。小島某とか。
だから、映画みたいなゲームを作って「俺だって映画作れるんだーい」と。まぁ、不思議と売れてるから良いんだろうけど。

DSで純粋なリメイクが出ないのは、販売数がオリジナルを超えることを見込めないから。手を変え品を変え、オリジナル世代の取り込み&新世代の取り込みをやんなきゃいけないから、純粋なリメイクは望みにくいと思う。

FEについては、権利がいろいろアレなことになってるでな・・・
Posted by 小川 at 2008年08月25日 21:37
小島某のゲームにはついていけないょ・・・orz
海外版をメインでやってるオラにとって、海外版限定の超級モードは辛すぎ。

ヒゲは映画でコケたけどね〜。
あのしりーずはSFCの3作(4〜6)がピークだと思う。

脱退した側のベルウィックは難しい><
Posted by きり丸 at 2008年08月26日 01:59
FF6を、地球崩壊前に投げ出した俺が通りますよ(笑
Posted by 小川 at 2008年08月27日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック