2008年09月04日

社長と食事に行ってきました。

オール巨人師匠に力を分けてもらった。


さて、退職を上司兼副社長に申し出てから、まぁ色々考えました。前に述べたように、情報が回ってこないことが退職を決意した最も大きな要因です。

逆に、『どうすれば満足するのか』ということを自問自答してみました。


第1に『決定事項の通達』です。まぁ、俺としては、これが為されていないために、ヘソを曲げたっつーところはあります。手元に残ってる最も古いモノとしては、04/09/02 03:03 のメールで、情報が回ってこないことに腹を立てて、それなりの役職のヒト(俺含む)全員にブチ切れメールを投げたことがあります。
俺の皮肉屋な性格もあって、回りくどく書いたのですが、それを理解してもらえなかったので、04/09/04 09:19 のメールを出しました。少しだけ抜粋。
しかし、もう述べたとおり、「会議室の問題」ではありません。
「ほうれんそう」の問題です。根底に流れる問題は、これ一つではないでしょうか。
この「ほうれんそう」の問題が解決すれば、今回の議論は終了するのではないでしょうか?
この後、俺も情報を知りうる立場になり、会議にも参加するようになりました。ただ、ここで得た情報を、下に伝えることはしませんでした。これは、俺の失策といって間違いない。反省。あぎぃあぎぃ。

第2に『決定に至った経緯』です。会議に参加するようになってほどなくしたとき、とある件についての議題を出しました。現時点では不平等である(と感じていた)から、私案を2つ考え、それを会議の場で出しました。俺の印象としては、『にべもなく却下された』でした。俺の案は、共産的だとか言われた記憶があります。俺は「どこが共産的なのか」まるで理解できなかったのですが、さっさと流されて次に行ってしまいました。その議題の件の現状ってのは、俺より上の人たちが頭悩ませて出した結論な訳です。俺の案は、その「俺より上の人たちが頭悩ませてるときにすでに破棄した案」なのかもしれませんが、俺はそんなこと知る由もありません。だって結論しか聞いてないんだもんよ。どういう案が破棄されて、どういう案とどういう案の折衷案として現状があるのか(すべて想像)、全然知らない訳ですよ。こりゃこっちとしてもどう疑問提示したら良いか分かんねーよ。

第3に『情報弱者からのフィードバック』です。これは、俺ができなかったこと。反省。(言い訳すると、上記の『にべもなく却下された』件以降、求められない限り自らの意見は言わなくなりました。意固地になってた。反省。)情報を受け取った側で、かつ、会社の経営・・・とまでは行かなくても、少しでも環境を良くしたい、と思うヒトは多いと思います。しかしながら、そういうヒトからのフィードバックは、ほとんどありませんでした。俺もしませんでした。プログラマの権利宣言ではないですが、「会社を変えることも、会社を変えることもできる」という考えが蔓延していたのは否めません。(前者は会社の方針を変えること、後者は転職することを指している。)フィードバックがないと、情報を流している情報強者としても面白くないのは明らかです。まぁ、やらなかった、できなかった俺が偉そうに言うのもナンですが・・・言うは易し行うは難しの典型。反省。


・・・ということで、先日、社長を食事に誘ってきました。

話の内容については、多くを語れませんが、『情報が共有されないこと』『決定に至った経緯が見えないこと』についてどう思っておられるか、色々話していただきました。俺としては、なんというか、モヤモヤの薄れる満足のいく話を聞くことができたと感じています。タクシー代8700円なんて、安いモンさね。

社長は、「ちょっとだけ離れたところにいるおかげで、新体制を客観的な目で見る余裕ができた」とおっしゃっており、それに伴い、私が提示した2点について、考えを述べていただきました。離れたところから見ているため、色々なことに気づくのだそうですが、あえてギリギリまで何も言わないようにしている、という興味深い考えを聞くことができました。曰く、『彼らに気づいて欲しい』だそうです。ひょっとしたら、望まない昇進だった俺のことも、そういう目で見ておられたのかもしれません。(それは訊かなかった。今書きながら思いついたから。)

もし、ここを見ておられる社員の方がいましたら、『なんとなく納得できない決定事項』が流れてきたら、『なぜそういう決定になったのか』を訊いてみてはどうでしょうか。少なくとも、社長は答えてくれると思います。お酒を呑ませて、少し砕けた雰囲気ですると、より効果的かもしれない。


ところで、社長を食事に誘うのは、凄く迷いました。辞めることを決めているヤツがメシ誘うなんてあるか? とか思ったり、罵倒されたりしたらどうしよう・・・とかウジウジ悩んでました。

しかし、オール巨人師匠に背中を押してもらいました。
以下は、Wikipediaからの引用です。
「最近は後輩とあまり食事が出来なくて寂しい。誰からも連れてってくれといってもらえない。時代かなぁ。」と「ヨシモト∞」(2006年8月9日)で語った。
これを読んで、社長に「食事に連れてってください」と誘うことができました。オール巨人師匠すごい。何もかも凄い。
ラベル:退職
posted by 小川 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする