2010年02月11日

子供の心拍数

ユニフォーム姿::子供の脈拍の平均(正常値)
とても参考になりました。
- 脈拍(心拍)(1分間の脈搏数) :
- 幼児起きているとき: 100〜220
- 幼児眠っているとき: 80〜200
- 子供3ヶ月〜2才起きているとき: 80〜150
- 子供3ヶ月〜2才眠っているとき: 70〜120
- 子供2〜10才起きているとき: 70〜120
- 子供2〜10才眠っているとき: 60〜90
- 子供 10才〜成人起きているとき: 55〜90
- 子供 10才〜成人眠っているとき: 50〜90
- よく鍛えられている運動選手: 40〜60
ラベル:心拍数
posted by 小川 at 01:22| Comment(2) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

説明責任は説明者にある

■小沢の話ではない。


■俺の現状。

今、俺は正社員ではなく、助っ人要員としてプロジェクトに関わっている。おそらく今後もしばらくはこういう形でプロジェクトに関わっていく。だから、ムダないさかいは極力避けたく思っている。だから、できる限り黙っている。何か思うことがあっても基本的には黙っている。だが、今日の出来事はよっぽど口を挟もうかと思った。そのぐらいヒドかった。結局、口を挟んではいない。理由は後述する。


■今日の出来事。※多少、脚色してある※

Photoshop上では非常に綺麗なグラデーションの出ている画像が、実機に載せると非常に汚くなるということに、ディレクターが気付いた。プログラマに「何か気付く点があるかどうか」を訊いたところ、プログラマは「画像の形式が4444(よんよんよんよん)だから」と答える。意味が分からない風のディレクター。「4444とは何か?」と訊くとプログラマは、「1つの色につき4ビットしか使えない」と答える。ますます意味が分からない風のディレクター。「全然意味が分からない」と答え、更なる説明を促す。プログラマは「アルファが4ビット、他の色が12ビットの合計16ビットしか色が使えない」と答える。全く理解できないディレクター。「ちょっと××さん(デザイナー)のトコ行って説明してもらえます?」と促すと、プログラマは、「これで理解してもらえないんだったらもう説明のしようがない」と言い、説明もデザイナーの元へ行くことも拒否。デザイナーに直接説明して貰うことを諦めたディレクターは「要するにパレットが多すぎるってことですか?」と訊くと、プログラマは、「まぁそういうことです」と答え、さらに続ける。「ただ、どんな色でも使って良い訳ではない」と。それを聞いて疑問再燃のディレクター。「え?何色(なにいろ)が使えるんですか?というか、何色(なんしょく)使えるんですか?」と訊く。プログラマは、「16ビットカラーが使える」と答える。『カラー』とついて、ディレクターは不思議な顔をしながらも、デザイナーの元へ行った。

ほどなくして帰ってくる。「16ビットカラーって要するに何色(なんしょく)ですか?」 この質問に対してプログラマはこう答える。「電卓で計算してみてください」と言ってプログラマ、Vectorから関数電卓か何かのアプリに辿り着き、そのURLをディレクターのPCへ送る。ディレクターは、そのソフトをダウンロードし、動かす。電卓の説明の会話は全く覚えていないので省略するが、紆余曲折を経て、そのプログラマともう1人のプログラマに、俺だったら「小馬鹿にされてる」と感じる笑いを浴びながら、ようやく65536色だという『答え』に辿り着く。

で、ディレクター、ようやくデザイナーの元へ行き、答えを伝える。

カンの鋭いプログラマなら気付いたかもしれないが、多分、この問題はまだ解決していないと思う。再燃すると思う。理由は後述する。


■こうあるべきではないか?

俺の以前所属していた会社では、「相手に説明して理解を得られた無かったとき、それは説明者が悪い」という風潮があった。社長が企画屋で、細かいプログラム事情やグラフィック事情が理解できない人だった。「俺がスクリプト書くから、RPGツクール作って」「できるの?できないの?」「できるの?じゃあやって」「できないの?じゃ、どうだったらできる?」極めて真っ当で一般的な社会人であると思う。否定するなら対案を、対案も出せないような突拍子もないことなら、その旨を(社長に)理解できるように説明する、そういう技術が普通に要求される会社だった。

俺自身もそれは正しいと思い、相手の知識レベルに合わせて会話することを心がけていた。車に例えると分かるディレクターや、無双シリーズに例えると分かるデザイナーなど、相手に合わせて使い分けていた。ちょうど具体例を思い出したが、miracleさんあたりはサッカーに詳しいので、サッカーに例えてみたりしたこともあった。


■雑感。

今日の出来事は、正直、ハシから全部ツッコんでいっていたら半日ぐらいかかりそうだが、まぁなんだ。このプログラマは何なのかと思った。自分の知識の範囲ですべて答えて、理解を得られなかったら「理解できないアンタが悪い」と突っぱねる。これはダメだろう。人としてどうかは知らないが、少なくとも社会人としてはダメだ。微に入り細に入り、とまでは言わないが、理解を得られるよう手を変え品を変え説明するのが社会人のあるべき姿ではないかと思う。

このプログラマが、人に説明する際に、説明を受ける側の立場に立てないことは、ディレクターは認識しているらしい。俺も説明を受けながらそう感じていた。つーか初日にそう思った。それにしても今日のはヒドかった。説明が下手なのは今に始まった話ではないが、更にひどいなと思ったのは、このやりとりに対して口を挟む人物が誰1人いなかったことだ。「今日の出来事」で出てきた「もう1人のプログラマ」ってのも、社員ではない。某社から出向で来ている方だ。そう、社員で口を挟む人物は誰1人いないのだ。これには驚いた。いやもう驚かないか。初日からそうだったし。

俺からすると、このやりとりは最初から最後まですべてオカシイ。マトモなディレクターが可哀想だ。まぁ、自分の保身のために見捨てた俺が偉そうな口を叩くのもどうかと思うが。(後述)


■口を挟まなかった理由。

俺は、今回の仕事については、そのプログラマよりも知識が下である。事あるごとに質問する身分だ。もちろん、俺の質問への回答もだいたいこんなカンジなのであるが、それでも一人でウンウン唸るよりもヒントが見え隠れするので訊いた方が幾分かマシだ。彼は俺より年下だが、今回の件に関して俺が口出しし丁寧に説明することで、彼のチンケなプライドを粉微塵に粉砕して、その結果俺と彼の関係がギクシャクするのは困る。俺の質問への回答がより難解なものになるのは困る。そのような打算が働き、ディレクターを見捨てた。これは非難されても仕方のないことだ。


■再燃すると思う理由。

減色のくだりが説明されていないから。カンの良いデザイナーなら、説明しなくても分かるだろうけど、「16ビットカラーの意味が分からない」デザイナーがそこに気付くだろうか。


■俺だったら。

今日の出来事の一番最初の、ディレクターの質問(Photoshop上では非常に綺麗なグラデーションの出ている画像が、実機に載せると非常に汚くなるということについて「何か気付く点があるかどうか」)、こう答えるだろう。

「赤が16色、緑が16色、青が16色の、合計4096色しか使えませんよ」と。さらに付け加えて、「じゃあその『赤16色』ってのは具体的に何色(なにいろ)かと言うと、Photoshop上では赤要素って、0〜255の256色が使えますよね?使えるんですよ。んで、そのうち16色しか使えないんです。0〜7は0、8〜15は1、16〜23は2、と8色ごとに減色されて同じ色になってしまうんです。だから、例えばこの中央の白から薄い水色になっている部分。ここも、青256色のうちの、0〜23を使って綺麗なグラデーションを描いているのだとしたら、減色されて3色になってしまうんです。あ、『減色』って分かりますかね?大雑把に言うと『近い色を同じ色にしちゃうこと』なんですけど」と、実機に映った汚いグラデーションと、Photoshop上のグラデーションを見せながら説明するだろう。アルファの説明は難しいが、「ただし各色につき、16段階の半透明ができます。」ってトコだろうか。まぁ、こんなカンジで終わりだ。これでも(デザイナーが)理解できないなら、更に何か考える。


まぁ、そんなこんなで今日あったことを書いてみた。

少なくとも、出先にいる人のうち2人は俺のこのページの存在に気付いていても不思議ではない。1人には「ワイワイワールドパスワード解析作った」と言い、もう1人とはTwitterで相互フォローしている。見られると俺の立場は・・・・・・うーん、悪くなるかもしれませんね。まぁ、それはそれで仕方がない。

某社の方々、俺は基本的に余所者なので、御社の空気や社風に対して雑談レベルで色々なことを言っても、仕事場でアレコレ直接口出しはしません。もし俺のこのブログを見つけても、まぁ「小川(HN)という人物はこう思ってるんだな」と思って下さい。

見て下さったついでに、こういうのも俺の思ってることです。貴社に絶対的に足りないと私が思う点です。
http://twitter.com/ogawa_sankin/status/7787323344
http://twitter.com/ogawa_sankin/status/7787345213
もちろん、優先されるべきは貴社の方針ですし、俺自身、こういったことがきちんとできている訳ではありませんけどね・・・(;´Д`)
ラベル:説明
posted by 小川 at 23:02| チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

主語・視点の転換

まず俺が最初に目にした記事はコレね。
「新年早々ひどいことに」母娘は前日ディズニーランドに… 大田区の3人死亡火災 - MSN産経ニュース

 新年の住宅街に爆音が響き、炎が3世代が暮らす家を飲み込んだ。東京都大田区で3日早朝に起きた住宅火災。火元となった桜木節子さん方は仲の良さが評判の家族だった。孫の夏海ちゃんは前日に東京ディズニーランドに行き、幸せな正月気分を味わったばかり。近所の人は「新年早々こんなことに」と絶句した。

 ディズニーランドに一緒に行ったのは母親の裕子さんと、保育園時代の同級生の女児らだった。同級生の祖父(72)は「楽しそうに出かけたのに、まさか翌日にこんなことになるとは」と驚いた様子。小学校の同級生の女児(9)は「皆から『夏海ちゃん』『なっちゃん』と慕われていた。木登りが得意で、2週間前も公園で一緒に遊んだばかり」と言葉を失った。

 近所の住民らによると、裕子さんは沖縄で結婚生活を送っていたが、夏海ちゃんの出産を機に実家に戻った。認知症の節子さんを介護しながら、夏海ちゃんを育て上げた。

 裕子さんの中学高校時代の同級生、玉山智子さん(48)は「穏やかだが、とてもしんの強い人だった」。家族ぐるみの付き合いをしていた近所の石田照代さん(72)は「仲の良い家族で、夏海ちゃんを宝物より大切にしていた。新年早々、こんなひどいことが起こるなんて…」とうつむいた。

日本人が書く日本語の文の特徴として有名なのは「受け身」「主語の喪失」があるのね。これは、小栗左多里&トニー・ラズロ著のダーリンの頭ン中で触れられているケースが分かりやすい。
この草花は、昔からあるとされていますが、「最近は見ない」とも言われており、早急な確認が求められております。
「あるとされている」
「言われている」
「求められている」
…誰に!?

人々なのか
学者なのか
あるいは会社や団体なのか
また主語は I なのか They なのか
これ見たとき、正直、違和感は感じなかったけど、確かに「誰に?」と言われてみれば明確な答えは出てこないわ。せいぜい「著者」か「俺(読者)以外の誰か」という曖昧な答えしか出てこない。


さて、俺はこれ以外にも、日本人が書く日本語の文の特徴として「主語の転換」「視点の転換」があると考える。「主語の転換」の例は、古い読者にはおなじみの、コレだ。
自閉症児者の「こころ」を自閉症児者自身が探し求める場ーー高機能広汎性発達障害(高機能自閉症・アスペルガー症候群)への心理療法的接近からーー辻井正次

近年、自閉症(自閉性)をスペクトル(連続体)として捉えるべきだという見解が専門家レベルで主流となっていても、日常の臨床では自閉症に関してというと、幼児期のこだわり行動や多動などの症状が華やかな時期の早期療育や治療に関して、あるいは知的な遅れを伴う自閉症児の治療教育については多くが語られるが、知的な能力の高い(高機能の)自閉症について、特に彼らの青年期以降について関心がもたれるようになってきたのは近年になってからである。
一発で読めたら、アナタは凄い。(細かい固有名詞の意味は置いておいて、だ。)

この文章の、俺なりの読解は過去ログにあるので参照して。本題とは関係ないので省く。

結局、この文章がなぜ混乱するのかっつーと、「専門家レベルで主流となっていても、」までの主語は「専門家」、それ以降は「医者」が主語となっているから。句点が来る前に主語(視点)が変わるという、高度な日本語を駆使してある(皮肉)。高校の卒業を賭けた追試をお情けで通過した程度の俺には読み取ることのできない難文(皮肉)。

ということで、文中で主語(視点)が変わるというのは、非常に高度な文学技術だと思う(くどいですが皮肉)。

さて、それでは冒頭の産経新聞の記事を読み解いてみようか。
「新年早々ひどいことに」母娘は前日ディズニーランドに… 大田区の3人死亡火災 - MSN産経ニュース

 新年の住宅街に爆音が響き、炎が3世代が暮らす家を飲み込んだ。東京都大田区で3日早朝に起きた住宅火災。火元となった桜木節子さん方は仲の良さが評判の家族だった。孫の夏海ちゃんは前日に東京ディズニーランドに行き、幸せな正月気分を味わったばかり。近所の人は「新年早々こんなことに」と絶句した。

 ディズニーランドに一緒に行ったのは母親の裕子さんと、保育園時代の同級生の女児らだった。同級生の祖父(72)は「楽しそうに出かけたのに、まさか翌日にこんなことになるとは」と驚いた様子。小学校の同級生の女児(9)は「皆から『夏海ちゃん』『なっちゃん』と慕われていた。木登りが得意で、2週間前も公園で一緒に遊んだばかり」と言葉を失った。

 近所の住民らによると、裕子さんは沖縄で結婚生活を送っていたが、夏海ちゃんの出産を機に実家に戻った。認知症の節子さんを介護しながら、夏海ちゃんを育て上げた。

 裕子さんの中学高校時代の同級生、玉山智子さん(48)は「穏やかだが、とてもしんの強い人だった」。家族ぐるみの付き合いをしていた近所の石田照代さん(72)は「仲の良い家族で、夏海ちゃんを宝物より大切にしていた。新年早々、こんなひどいことが起こるなんて…」とうつむいた。

第1段落。登場人物は「節子さん」。「孫の夏海ちゃん」がいることから、「節子さん」は「夏海ちゃんの祖母」であることが分かるよね。登場人物は2人いるが、この段階で第3文目に「火元となった桜木節子さん方は」と初めて人物が出てきているので、普通に考えてこのあとも「節子さん」視点で読み進めることになるわけ。

ところが第2段落。「母親の裕子さん」と来る。「祖母である節子さんの母親」登場。ここで頭にハテナマーク。更に読み進めると「保育園時代の同級生の女児」と来る。意味が分からない。誰の「保育園時代の同級生」「の女児」だよ? そして次は「同級生の祖父」と来る。「女児の同級生の祖父にあたる人」なのか、「同級にあたる祖父」なのか。というか血縁関係の祖父の方? 節子さんの旦那? もうメチャクチャ。


もちろん、冷静に何度も読めば理解できるよ。

第2段落は、「夏海ちゃん」視点なのよね。「夏海ちゃんの母親の裕子さん」「夏海ちゃんと保育園時代からの同級生の女児」が登場人物として浮かんでくるやろ。そして、「夏海ちゃんと同級生の祖父(72)」が出てくるってわけ。

以上が真相。


なぁ、この文章ヒドくない?

第1段落の第3文の視点は「節子さん」。
第1段落の第4文の視点は「節子さんの孫の夏海ちゃん」。
第1段落の第5文の視点は「節子さん宅の近所の人」。
第2段落の第1文の視点は「夏海ちゃん(ただし省略されている)」。
第2段落の第2文の視点は「(夏海ちゃんの)同級生の祖父 (カッコ内は省略されている)」。
第2段落の第3文の視点は「(夏海ちゃんの)小学校の同級生の女児 (カッコ内省略されている)」。

第2段落の第1文で、省略されている主語「夏海ちゃん」を見出せなかった場合、それ以下の文章がチンプンカンプン元気よくになってしまう。

第2段落の主語が「夏海ちゃん」であることに気付かせるキーワードは、第1段落第4文にある「東京ディズニーランド」。「孫の夏海ちゃんは前日に東京ディズニーランドに行き」というくだりをしっかり覚えておかないと、第2段落の第1文の「ディズニーランドに一緒に行ったのは」と繋がらない。俺はこういう記事を目にしたとき、「登場人物」は気にするし、旅行して楽しい時間を味わったことは理解する。しかし「具体的にどこに行った」とかは意識の外だ。なぜならば、どこに行っていようとそれは結局「幸せが一転大惨事」に繋がる一部分でしかないから。「どんな幸せを味わっていたか」を具体的に覚えておく必要など無くない? ディズニーランドだろうが動物園だろうがゲームセンターだろうがどこでも良いし気にする必要無くない?


ということで、高校をお情けで卒業して底辺に近いゲームプログラマやってる俺にとって、産経新聞は、理解し難い高度な文章を使っていらっしゃる新聞、ということです。正直、朝日なんかのほうがよっぽど読みやすいよ。まぁ朝日は、文章は真っ当だが内容が破綻しているのでアレだが。産経は文章から破綻しているので読み辛いっつーことですわ。

あー、長文書いたら疲れた。
ラベル:国語 産経新聞
posted by 小川 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

ただ神社的な答えが知りたい

ムラ社会で生きるなんてバカバカしい、と言うことはとても簡単だ。だが、俺は長男で、いずれは実家に戻る(親の面倒も見ねばなるまい)身、朱がムラ社会ならば赤くならざるを得ない。

俺個人が非常識者としてバカにされる分には諦めもつくが、俺のせいで俺の家族や親までもがバカにされるのは我慢ならん。我慢ならんと言っても暴力を揮うわけにも権力を行使するわけにもいかない(そんな権力ないしな)。ましては俺のせいで家族までもが村八分になることなどとても我慢できない。俺は地元が大好きで、ご近所さんも大好きで、そことの関係をわざわざ壊したいとは思わない。ご近所の皆さんの多くは顔見知りだし。もちろん過干渉などはしないが、いわゆる田舎の普通のご近所づきあい程度は維持したい。


六曜という、どうやら江戸時代ぐらいからの歴史しかないものがある。明治だか昭和だかのタイミングで、政府は「そんな迷信を信用してはならん」というようにふれ回ったようだが、結局現代まで生き残っている。有名なのは「結婚式は大安に」「友引に葬式はしない」などだ。

んで、一般的に・・・といっても俺の記憶だが、神社仏閣に参る際には「仏滅・赤口は避ける」というのがある。某神社のHP内でも同様の記述があったので、一部では市民権を得ているのであろう。少なくとも小川家の実家では市民権を得ている。


では問題。「初詣」と「仏滅・赤口は避ける」は、どちらが優先なのだろうか。


教えてGoo!とかでは「そんなん気にするな」「あなたの気持ち次第」などという答えがあったが、そういう答えは不要。Twitterでも長らく呟いていたし、グーグル先生にも伺ったが、俺が欲しい答えは出てこなかった。

俺が欲しい答えとは何か。例えば俺が「はさみ持ってる?」と聞いたら、「はい」か「いいえ」で答えていただければ良い。日本人らしく空気を読んで、俺が何も言わないのにはさみを出す、などといったことは必要ない。(プログラマ脳・アスペ脳の話は割愛)

俺が欲しい答えとは「初詣優先」「仏滅赤口は避ける優先」「どちらも間違いでは正しくはこうこうよ」のいずれか。

ちなみに、俺は、こうかな、と予想した
if( 新年初参りか? )
{
 行け
}
else if( 今日は仏滅or赤口か? )
{
 避けれ
}
else
{
 好きにせい
}
また、@kitamurakenji氏は、以下ではないかと予想された。
if( 新年初参りか? )
{
 if( 今日は仏滅or赤口か? )
 {
  避けれ
 }
 else
 {
  行け
 }
}
else
{
 好きにせい
}
かな

誰か明確な答えとその根拠となる一次ソース持っていませんか。



追記。
念のため書いておく。俺自身は、このようなことに興味は無い。もっと言ってしまうと神社仏閣詣ですら興味がない。事実、独身時代は初詣どころか例年例年いかなかった。例外を挙げると京都時代。このときは行った。「俺が行かないせいで親が悪く言われる可能性」を消すために。もちろん、京都拉致組の中にそんな人はいないが、まぁ参拝で俺の気持ちが落ち着くなら簡単なモンだ。閑話休題。初詣に行くにせよ、あるいはしばらく経ってから行くにせよ、根拠が欲しい。「仏滅赤口は避ける」と「初詣」とを両立させるorさせない神社側の根拠が。答えの通りに実践するかどうかはまた別の話。

今年、俺が詣でようと思っているのは、家族がいるからだ。俺自身にバチがあたる分には一向に構わないが、家族まで巻き込まれるのは困る。それを避けるために詣でたいと思う。しかしながら、六曜的に今日は「先負」である。俺の最寄りの神社的に、先負の日はあまりよろしくない

さて俺は、俺の不義理に家族が巻き込まれないようにするために、「先負」を重視すべきなのか、それとも「初詣」を重視すべきなのか。


どなたか答えを知りませんか。

重ねて申し上げるが「気にするな」「好きにせい」という答えは受け付けていないのでそのような回答は誠に勝手ながらご遠慮願いたい。
ラベル:初詣 六曜 神社
posted by 小川 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

感動とは何か

(12/24 夜中のテンションで書いた記事に加筆修正&メガテンSJの話を加筆)

プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達を見終わった。伊集院がつぶやいていたように、確かにある種のイヤラシサというか、わざとらしさというか、回を重ねるごとにそういうものは感じる。しかし今回、俺の置かれている状況と重なって、そういった点に目がいかなかった。いつものように斜めに構えて見るカンジではなく、真剣に見入っていた。

感想としてまず言いたいのは、「自分の今置かれている状況と共感するところが多数あり、物凄く心動かされた」ということだ。登場する野球選手がどのような処遇になったかは一通り把握しているが、それでも的場が合格したシーンではグッと来た。俺は的場同様、妻がおり、子供がいる。その中で無職となり、二度と前職の世界に戻れないかもしれないが、一抹のチャンスを掴むために、努力を重ねる姿、そして、合格したときの喜び。妻の笑み。・・・重なるところが多すぎて涙がこぼれそうになった。ホント、涙もろくなったなぁ・・・


ノンフィクションやドラマ、あるいは小説やゲームなどを見て、感動するとはどういうことだろうか。俺はその中の1つに、追体験・類似体験のようなものがあると思う。今回のドキュメント番組は、俺にとって間違いなくコレだと思う。

先日、Twitterでako_bayさんと話していたときのこと。ako_bayさんは、以下のようにつぶやいた。ako_bayさんゴメン、大量に引用いちゃった。テヘッ。
下田麻美さんの言ってることは決して大げさじゃない。やよいが『チキンライス』 http://kashinavi.com/song_view.html?15860 を歌うってだけで反則級だ。 http://yaplog.jp/asaponmax/archive/2324 |P|
人は年齢を重ねると涙もろくなると言うが、今はそれを理解出来る。『チキンライス』の歌詞が発表された当時に大して感動しなかった自分が、今は泣いている。年齢を重ねれば自分の気持ちや境遇を理解してやさしくなれるって事なんだろうな。 |P|
@ogawa_sankin まあまあ取り敢えず読んでみて下さいよw http://kashinavi.com/song_view.html?15860 |P|
母子家庭に育った自分は、子供が家庭の経済を心配するせつなさのようなものは少なくとも共感していた。 |P|
@magicalsammy 子供心に、「贅沢しちゃイケない」って気持ちと「でもちょっと良いものを食べたい」って気持ちがあって、でもそれを止められない親の気持ちとか思うとね。子供がメニュー表の値段を気にする事の辛さと、子供の頃に値段を気にしていた事を親が今知ったらと思うと… |P|
「良いもの」って言うか「ちょっと高いもの」かな。贅沢したい気持ちが俺にはあった。 |P|
やよいの凄いところは、自分の家が貧乏である事は認識してるが決して不幸だとは思っていないところ。原因が父親にある事もわかっているが「誰が悪いか」ではなく「自分に何が出来るか」を考えて行動しているところ。しかも自分の為ではなく家族の為に行動している。 |P|

これは思うに、ako_bayさんの過去に体験した事柄と、松本の詞、やよいなるゲームのキャラ?の設定、そのキャラが歌うということが、ako_bayさんの過去の扉をこじ開けたのだろうと思う。

真ん中あたりで、俺に「読んでみて下さいよ」とあり、詞を読んでみた俺の感想は、
「チキンライス」おいらは無感動でしたゴメンナサイ。 *Tw*

リアル知人はご存じかもしれないが、俺は食事に対してこだわりがない。ako_bayさんは、俺が3食そうめんを喰って生きていた隔離病棟時代を覚えているだろうか? 京都では、3食中2食、同じコンビニ弁当を食べていた。(残り1食は、同じく京都へ連れ去られた女性スタッフや、アレックスさんが作ってくれていた。) 京都に連れ去られた中で俺より若いスタッフは、いつもコンビニへ行くときに声をかけてくれていた。「コンビニ行ってきますけど、何か買ってきましょうか?」 俺は終盤、こう答えていた。「いつもの。」 (390円以上で最も安い弁当1つ、ウィダーインゼリーの緑のやつ、プロビオヨーグルト) そのくらい、食に対してこだわりがない。同じものを食べ続けても平気だし、そうでなくても平気だ。

んで、俺は子供の頃、家族で食事に行くことはもちろんあったが、「好きな物を食べていい」と言われても困っていた。嫌いな物は「ほうれん草」だったが、好きな物は特に無かった。正確に言うと、「ほうれん草以外ならなんでも好き」だ。だから「好きな物」と言われても困った。とりあえず、量が多いヤツを頼んでいたように記憶している。

ゆえに、俺は「チキンライス」に対しての感動が無い。外食、およびその予算に関して、親に気を遣ったりはした記憶が無い。


一方、今回のドキュメント番組のほうは、今の俺の置かれている状況にジャストフィットする。山田秋親については少ししか触れていなかったのでさほどの感動は無かったが、的場はヤバかった。結果は残せなかったが「全力でやった、悔いは無い」と、自分に言い聞かせるように繰り返す的場。ただひたすら待つ日々。無職になっても支えてくれる身重の妻。まだ「テストを受けに来い」と言われただけなのに、安心した顔を見せる妻。一歩前進は嬉しくも、まだ何も決まっていないと喜びを噛み殺す的場。番組スタッフに人見知り発動して妻にしがみつく2歳の子供。妻(あるいは番組スタッフ)の前ではカッコつけて大喜びしない的場。

的場の思いや奥様の思いが、手に取るように伝わってきた。


話は飛ぶが、俺は子供の頃、「人の死」というものに出会っていない。死体も見たことがなかった。初めて出会ったのはごく最近だ。両親、兄弟、それから祖父母にいたるまで、2年前に亡くなった祖父以外、まだみんな生きている。俺が子供のころからずっと生きている。幼い頃、「人の死」に触れていないため、今、人の死に出会っても極めて淡泊だと思う。今度こそ危ないという母からの連絡を受け、急遽実家へ戻って見舞った祖父は、次の日の朝には亡くなっていた。初孫である俺と、初ひ孫である俺の娘の写真を見て、大きな声を上げて喜び、力強く俺の手を握った祖父だったが、誰にも看取られることなく夜中病院で静かに逝った。

遺体を一晩ウチに置き、線香を絶やさぬ寝ずの番は交代で務め、通夜、葬式の段取りは、長男である俺の父とその妻こと俺の母が中心となって行った。出棺のとき、そして火葬場で焼き場(っていうの?)に入るとき、周りの涙声に影響されて涙が出たが、それ以外では特に悲しむというほどのことは無かった。ただ、祖父は逝った。娘に名前をつけてくれた。もう2度と会えない。それだけだった。

もし、子供の頃に、人の死を経験していたら、もっと違ったかもしれないが、今の俺では、概ねこのような感想だった。祖父でさえこの程度の感動なのだから、ゲームや映画で人が死んでも全く感動しない。「そりゃ、人が死にゃあ悲しいよ。だけど、作り手は、死以外で感動させてみろっつんだよ」などと思っていた。昔から思っていた

メガテンSJでは、(もうネタばれしても大丈夫だろうが一応隠す。反転させて見て下さい。)ゼレーニンがマンセマットに感化されていく様子が描かれる。セクターBで出会い命を助けられ、Cで彼の部下たる天使を賜り、D(実質B)で再会し、Gで遂に洗礼?を受け天使?になる。んで俺は、Gのシナリオ中に起こるJ部隊の反乱時に「血を流さずに解決したい」と言い出したあたりから違和感を感じていた。え? ゼレーニンっていつの間にそんな天使に感化されちゃったの? と。実験の結果を重視する「科学者」が、そんな簡単に神の御使いに感化されるモンなの? と。セクターCで衝動買いの話をふられたときに「私は計画的なほうなの」みたいな返事を返したゼレーニンはどこ行ったの? と。

結局、感動するかどうかってのは、その人の体験に依存するんだな、と思った。「チキンライス」や「人の死」や「神(の御使い)の奇跡」には感動しないが、「水戸黄門」や「はじめてのおつかい」や、「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」には感動する俺がいる。


で、俺の仕事の話に繋げるのだが、ゲームってのは、突き詰めると「感情を動かされるかどうか」がキモだと思っている。喜び・怒り・悲しみ・快感・ストレスetc. その感情を、作り手と遊び手とで共有できるかどうか。共有できる遊び手が多いかどうか。ブランド力以外にも、売れる要素ってのは一杯あると思うけど、突き詰めてそういうことを考えている作り手って、ほとんど見かけたことが無い気がする。まだまだ色々考えることあるなぁ・・・。
ラベル:感情 テレビ
posted by 小川 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

森の熊さん

ウチの娘には、それこそ乳児のころから、家内が「森の熊さん」を歌ってあげている。まぁ、家内の童謡レパートリーが少ないこともあるのだが、まぁとにかく歌ってあげている。最近では、夜、布団で寝かすときに必ず歌ってあげる曲の1つになっている。

先日から、家内と娘は、第2子出産のため実家に帰っている。こないだ俺もおじゃましたとき、娘は「みんなのうたDVD」の「森の熊さん」を楽しそうに見ていた。寝る前に家内が歌ってあげる「森の熊さん」を好きなときに聞けるのだから楽しいのだろう・・・と思いながら、なんとなく俺も見ていた。




普通に声をあげて笑ってしまった。これはシュールだ。シュール過ぎる。面白過ぎる。2歳児にこの面白さが分かるのかどうかは定かでないが、物凄く面白い。「みんなのうた」、侮れない。
posted by 小川 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

今更ながら出産報告

果てしなく今更ですが。

第2子が無事産まれました。2人目は1人目に比べて早いと聞いてはいましたが、陣痛が激しくなってから2時間ほどで産まれました。前回の半分くらいだ。まぁ、前回は、陣痛が一旦収まったりしていたので、よりいっそう前回より短く感じた訳ですが。

最近はブログ書くのがどうも面倒らしく、Twitterでばかりつぶやいています。もし、このブログを定期的にチェックなさっている方がおりましたら、Twitterのほうもよろしくお願いしますです。多分、1日に5前後のメッセージが入っていると思います。LoudTwitter? 調べるの面倒で何もしてねーや(ako_bayさんゴメンナサイ


いやだってさ、下書きをテキストで書いて、推敲して、ブラウザ開いて(しかもわざわざIEだ!)、seesaaのクソ重いトップページ表示しきるの待って、ログインして、たまにログインできないジャンseesaaって(俺だけ?)。んで、「あー、ログインできねークソseesaaが!」と毒づいて、何度も入力してようやくログインして、クソ重いページ表示しきるの待って、自分のブログ選択して、クソ重いページ表示しきるの待って、テキストからコピペして、ジャンルとタイトルとタグ考えて、「確認するボタン」押して、クソ重いページ表示しきるの待って、確認して、ミスってたら書き直して、そうでなかったら「保存するボタン」押して、クソ重いページ表示しきるの待って、・・・と。こんなにあるんだぜ。ココまで読んだアナタもウザかっただろうし、書いた俺も面倒だったし、実際これを動作させるのも面倒。

Twitterなら、俺はTwitを使わしてもらってるけど、書いてCtrl+Enterで終了だからね。ラクチンだわ。起動は自動起動してるし。

ブログに比べりゃ、昔の「テキストに書いて、保存して、FFFTPでアップして終了」のほうがラクチンだったわなぁ。


てことで、ブログの更新頻度はさらに落ちると思いますです。 あれ? 何の話だったっけ(苦笑
posted by 小川 at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

早く秘書逮捕しないと・・・

最近・・・といっても2、3回目ぐらいだと思うが、巡回先の1つADON-K@戯れ言をdisってばかりいる。一方、同意・賞賛のエントリは書いた記憶がない。なぜならば、同意・賞賛のエントリは、究極的には「まったくだ」以外に主張することが無いからだ。そんなんTwitterでつぶやけば充分なのだ。

でもまぁ、なんとかこうやって文章を捻りだして書いてみようと思っている。ひとえに、バランスの問題である(笑) いやだってADON-K@戯れ言って超大手サイトじゃん。そこに俺みたいな1日数100ページビュー(俺のサイトのカウンタは、連続訪問をカウントしないようにしており、ページビューはカウンタの3〜5倍ぐらい)程度のサイトとは比べものにならない訳であり(以下、言い訳が100行続く)。


今回のネタはこれ。ADON-K@戯れ言: 【献金偽装】鳩山首相「会計責任者の判断」

えぇ、何も言うことはありません。
「言うまでもなく、秘書の罪は国会議員の罪である。ことに金庫番秘書ならなおさらである。(中略)自身のためにも早く出処進退を明らかにされた方がよい」
議員の分身といわれている会計責任者の逮捕は、議員本人の責任
「私は政治家と秘書は同罪と考えます。政治家は金銭に絡む疑惑事件が発生すると、しばしば『あれは秘書のやったこと』とうそぶいて自らの責任を逃れようとしますが、とんでもないことです。(中略)秘書が犯した罪は政治家が罰を受けるべきなのです」
資金管理団体、政党支部の代表者は政治家本人。領収書の多重使用などは事務的なミスではない
選挙のお金を扱う責任者の連座は当然
とりあえず、なぜ辞職しないのか、なぜ自分には甘いのか、俺もじっくり考えてみることにしますwww


ちなみに、俺の考えを述べておく。このような事件が起こった場合、すべてを知っている(かもしれない)秘書の身の安全のため、早急に逮捕拘留してほしい。その上で、安全と命の保証をした上で、すべてゲロらせる。供述を元に家宅捜索に入り、物的証拠を回収。その結果もしくは裁判の結果、政治家本人の関与が認められたその時点で、政治家の逮捕へ動くものなのではないかと思っている。まぁ、いくらでも証拠隠滅の時間ができますけどね(苦笑)。ムネオはまだ公判中らしいが、他の案件がどうなったのかは知らない。しかし、そのようにあるべきではないかと考えている。今回の鳩山の件にしても同様で、秘書は確か任意で事情聴取とかあったけど、「自殺」されないうちに逮捕拘留したほうが良いと思う。二階、小沢の件でも同様。政治家本人を逮捕ないし議員をやめさせるには、彼らの証言および物的証拠は絶対的に必要なものだと思うのだがなぁ。

なお、トラックバックはしない。マンセーのトラックバックもらったって面白くないジャン?
ラベル:鳩山由紀夫
posted by 小川 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

なぜそう都合よく信用するの?

まず最初に断っておくけど、俺はADON-K@戯れ言巡回リストに入れるほど好きだ。ただ、最近は自分の目が肥えたのか管理人氏の腕が下がったのか(あるいは意図的にか)、ちょくちょくおかしい点が目に入る。んでコメント欄を見ると、いかにもな「ネトウヨ」の皆様がマンセーしていて気持ち悪いときがある。

何度か書いているが、俺ら民主党否支持(≠自民党支持)者が政権与党に対してやるべきことは「みずぽタンの字が党首の字じゃない」とか「5個800円のギョーザのどこが庶民派だよ」とか、サヨクマスコミのマネをすることではない。政権与党の方針や方策が本当に正しいかどうか、正しくないならばどのような観点からどのように正しくないか、そういったことを語るべきだ。当然、批判するにせよ主張するにせよ、紛れのない証拠(文章・議事録等)は必須。

今回気になったのはこのネタ。

ADON-K@戯れ言: 【動画】偉大な総理大臣様のサラリーマン給与認識

リンク先の動画(音声だけだが)を見ていただいた上で、激しく同意された方には、次の疑問をさせて頂く。

この「証言」を信用する人は、「強制連行されたニダ」って言われても信用するのですか? 二木啓孝はWikipediaによると
過去には週刊誌と夕刊紙でずいぶんと飛ばし記事を書いてきた」と告白している。
という人物ですが、そのような「信用に足らない人物」の「証言」を信用されるのですか?


鳩山憎しだけでは目が曇る。それじゃサヨクと変わらない。そんなことではダメだろう。マスコミが飛ばしや隠蔽で必ずしも「事実」を語らない以上、せめて俺らは、紛れのない証拠を元に事実を追及する必要があるんじゃないのか。
ラベル:証言 二木啓孝
posted by 小川 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

新・テーブルサービス店

今日の昼飯は、散歩がてら歩いて20分弱の場所にある吉野家にしようと思い立った。この吉野家に入るのは初めてだ。

入ってみると、俺のよく知っている吉野家スタイルではなかった。ファミレスなどのように、店員は奥の調理場、そして客と同じ通用スペースを店員が料理を持って運んでくる。テーブル席用に運搬用のガラガラ(何て言うんだろう・・・)もあった。

まぁ、そんな細かいことはどうでもよく、カウンター席につく。店員が入るスペースが無いので、いわゆるU字カウンタではなく、横に6人ぐらい座れるテーブルを、真ん中の仕切りで仕切っただけの席だ。これまた初体験だ。

んで注文。店員を呼ぼうと思ったら、俺より一瞬前に入店したオッサンが、ファミレス等にある店員呼び出しボタンを押したようで、大きくチャイムが鳴り、店員が「ただいまお伺い致しまーす」と呼応している。ん?俺の前にはそんなモノ・・・あった。これで店員呼んで注文するのか。吉野家でこんなボタン押すの初めてだ。初体験ばっかだな。ともかく、押してみる。ピンポーン。

店員は来ない。来ない訳じゃなく、持ち帰りの対応に追われていたり、調理場にいたり、先客に料理を出したりしている。俺より一瞬前に入店したオッサンのとこにもまだ来ていない。1分半ほど経過したところで、ようやく俺のところに注文を取りにきた。いつもどおり、並、みそ汁、生野菜を頼む。

そしてここからが遅かった。持ち帰り客の対応もあるのだろうが、少なくとも俺より一瞬前に入店したオッサンは勿論、更にそれより前に入店したと思われる斜め向かいのアンチャン、さらに奥に見える6人で来ていると思しきテーブルの客。これらがまだ食事にありつけていない状態。

待たされること5分強。ようやく俺にも食事が出てきた。味自体はいつも通りの味で、何ら不満は無い。


しかし、とにかく遅い。注文を取りにくるまでも遅けりゃ食事が出てくるのも遅い。俺だけでなく、俺が店内にいた間、どの客にも平均して遅かった。ファミレス並に遅いとまでは言わないが、「吉野家」としては遅すぎる。俺が昔勤めていた会社の近くにある吉野家は、昼飯時になると50席近くあるU字カウンタ席がすべて埋まっていたが、「待たされた」と思うほどのことは無かった(店員の慣れかもしれないが)。家族連れをも取り込まないと、外食フード産業で生き残れないっていうのは理解できるが、今日行ったの吉野家は、オッサンが1人で「吉野家」を期待して行くと面食らう、そんなカンジだった。「うまい」「やすい」はともかく、「はやい」は無い。

調べてみると、どうやら俺のよく知っている吉野家は「カウンターサービス店」と言い、今回面食らった吉野家は「新・テーブルサービス店」と言うようだ。ま、なんにせよ・・・もう行くことは無いと思う。
ラベル:吉野家
posted by 小川 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

ノーパソ悲喜こもごも

先日、「アンチウィルスソフトの更新期限が来たけどどうしたら良い?」と実家から連絡があったので、各人のPCの利用状況を聞いてみた。そしたら、妹1号が「(゚听)イラネ」と言う。

そのPC(ノーパソ)は、確か、以前メンテナンスしたとき、HDDがビミョウに損傷していることに気づいた。コツン、コツンという高音が時折聞こえていた。そのときに妹1号に確認したら、「滅多に使わないから(別に壊れても)構わない」という有難いお言葉。

俺「じゃあくれ」
妹「いいよ」

即決。VAIOの『PCG-Z1VE』をゲット。


書類・取説一式もすべてキープしているそうで、それごと譲り受ける。書類の中にはDIONとAir-H"が含まれていたが、確認したら既に解約済みだそうだ。我が妹ながら、金のこととなると手際がいいな(褒めてる

さて、頂いたこのノーパソ。俺としては、Unix系OSでもいれて色々実験に使おうかと考えていたのだが、我が家の財務大臣が「ノーパソで家計簿つけたい」とおっしゃる。俺のオモチャよりも、家の財政に関することのほうが重要なので、これは嫁に進呈することにする。もちろん、修理やメンテナンスは俺の仕事だ。

物持ちの良い妹1号、各種マニュアルやディスクもすべて残してある。リカバリディスクがあるってだけで、随分助かるもんさ。特に、各種ドライバ関連は、ネットから簡単に落とせるモンじゃないからねぇ。・・・・・・って、リカバリディスク無いじゃん!? 妹1号に確認すると、「それで全部」とのこと。もしやと思ってマニュアルを読むと、
torisetsu.jpg
本機はハードディスクからリカバリ(再セットアップ)することができるため、リカバリディスクは付属しておりません
詳しくは「リカバリについて」(161ページ)をご覧ください。
バッ・・・・・・カヤロッ! そのハードディスクが壊れかけてんだよハゲ!!

リカバリディスクの作り方も一応マニュアルに書いてある。しかし、どこが損傷しているか分からないハードディスクから、リカバリディスクを作れるのかどうか、不安は募る。ま、仕方ない、リカバリディスクを作ろうと試みる。なに? 全部で7枚もいるの? それでリカバリディスクがデフォルトではついていなかったのか。それはさておき、リカバリディスク作成・・・・・

hdd_crash.gif

koryamedetena.jpg

2回やって2回ともダメだった。もういいや。失敗したCDは、再利用できなかった。残念。切り刻んで不燃ゴミ。


ならば。

system32フォルダおよびその中のDriverフォルダを全部外付けHDDに保存でどうだ。まぁ、どうだと言っても、これでうまくいくかどうか試したことはないんだけどねー。念のため、デバイスマネージャから、すべてのデバイスのドライバのあるファイルを確認。いくつか、上記のどちらのフォルダにも含まれないファイルがあったので、それも外付けHDDに保存。更に、Cドライブの中身を全部保存してみようと試みる。使用中のもの以外は概ね保存できた。

さて。仏の顔も三度まで・・・という訳ではないが、3回ダメならもうダメという主義を採っている俺が、2回で根負けするとは根性が足りん。今一度、リカバリディスク作成に挑戦。すると、なんと1枚目が成功!!HDDコピーで何かが変わったのだろうか?まさか成功するとは思ってなかった。『VAIOと太陽誘電』についても書こうかと思っていたのだが、成功に拍子抜けする。3枚目で再度失敗するも、セーフモードでやり直したら成功(半笑

そして、あれよあれよという間に、すべてのリカバリディスクが完成した。外付けHDDとデバイスマネージャ、それにsystem32フォルダと格闘した時間はなんだったのか。なぜ最初から『セーフモードでリカバリディスクを作る』ということに頭が回らなかったのか。軽い後悔の念にさいなまれながらも、終了したことに安堵する。


さて、ここまでできればあとは、パーツを交換するだけだ。同じ型番がココに載ってれば、必要なネジだけを外せば良いので話は早いのだが、案の定載っていない。念のため検索してみたら、こんなページ見つかった。首都大学東京万歳!!(悪ノリ

・・・・・・ネジ全部にキーボードも外すのか。メンドクサッ。まぁ仕方ない。基本的には、上記ページで済んだが、画像つきならばこちら。ただし、本体上蓋を外す前に、
keyboard_reverse.jpg
この2箇所のネジも外さねばならない。
首都大学東京のほうの4にある
キーボードの裏にある2つのねじをはずす。
っていうのは、外したキーボードの裏のことではなく、本体側のことを指しているのだろう。


ついでにメモリも増強しよう。今のご時世、256MBとか考えられん。・・・が、MAX768MBと中途半端だ。メモリって、2の累乗の数以外は効果が無いんじゃなかったっけ。どうすんべ・・・まぁいいか、積んどこう。

よっしゃ、スペックはメモった。いざ、ヨドバシorドスパラへ出陣じゃ〜〜〜!!!



−−−−−2時間後−−−−−



そんな古いパーツは店頭では扱ってないってくぁwせdrftgyふじこlp;@o.....rz


失礼、取り乱してしまいました。そりゃそうだ、妹1号が卒論書くために買ったっていうノーパソなんだから、かれこれ4、5年前だもんな。仕方ねぇや。パーツなんて通販で買えばいいよ。

さて、畳の上にノーパソ裏面と同じ位置に置かれたネジたち。何日もこの状態を維持するのは不可能なので、保存せねばならない。大小各種ネジを、ノーパソの位置関係と同じように保存しておくには・・・・・・
kleenex.jpg
分かりにくいですが、A5の裏紙を台紙にして、ちぎったティッシュにネジを1つずつ包んで、セロテープでノーパソの位置関係と同じ箇所に貼り付けてみました。とりあえず、これでよし。

通販の準備に取り掛かろう。



−−−−−数日後−−−−−



通販で購入したHDDとメモリが届き、早速装着し、起動。無事に起動し、あとはインストールするだけだ。上記、首都大学東京の『Windows新規インストール』の手順に従って問題ない。(Vaio Updateは面倒なのでしない。)

以降の過程で、Cドライブが少なすぎて一旦最初からやり直した以外はまったく問題なく、OSインストール、Windows Update、Officeインストール、Office Update、各種設定諸々完了した。

で、めでたく、嫁に嫁入りとなるハズだったが、ココで嫁は「やっぱ要らない」と言い出す。仕方がないので、喜び勇んで俺が頂くことにあいなった。



さて、早速Windows95でもインストールしてくれようかと思ったら、なんとFDISKを受け付けない! 色々調べてみたが、どうもこのVAIOはそういうモノらしい。なんてこったい・・・・・・。NOBUSAN'S SQUAREを参考にして実行しようかとも思ったが、来年中には、現メインデスクトップマシン(スペック)が引退してサブマシンになる予定なので、そのときに入れようか。少なくとも、VAIOのような謎現象に首をかしげる心配は無くなるし。

ということで、ノーパソには普通にWindowsXPを入れて、アレをナニしたソレをインストール実験してみたり、パリーグの試合中継を見れるようにしてみたりした。意外と便利なので、机の上にノーパソ用スペースを作りたいが・・・・・・その際、机の上からはリストラされる文房具たちを置くスペースが見当たらない。まぁ、プロ野球(をPCで見れる)の季節は終わったし、来春までの宿題としよう。
ラベル:VAIO PCG-Z1VE
posted by 小川 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おしおき

toro.jpg


ごっ・・・ごめんなさいニャ! 反省してるニャ! 許してくだしあニャー!!
posted by 小川 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

鳩山憎しだけでは目が曇る

ADON-K@戯れ言: 【政治】 鳩山首相 「補正予算見直し、3兆円に届かず…ちょっと足りないぐらいがいい。新政権らしいなって、思います」のエントリの中にある棒グラフ。ちょっと転載させて頂く。
www_dotup_org270991.jpg

俺は鳩山をどうしても好きになれないが、それを差し引いても、このグラフは悪意に満ちている。パッと見、前政権の2倍に相当する一般会計歳出かのように見える。だが縦軸を良く見れば分かるとおり、それはフェイクであり、グラフ制作者の悪意を感じる。俺が正しいグラフを作ってみる。
www_dotup_org270991_1.jpg

解像度はまったく同じにしてみた。これが正しい棒グラフだ。(10/19 23:42 縦軸に「5」という不思議な値が入っていたのを「50」と修正。恥。)

断っておくが、俺は鳩山を好きではない。一般会計を(麻生に比べて)3兆円減らすと豪語し、実際にほぼ3兆円減らしてみせたが、民主党案により過去最大の一般会計歳出になっている点は看過できない。財政統計 統計表一覧:財務省の第19表を確認しても、過去最大である。

俺は鳩山が嫌いであるが、このような悪意に満ちた情報を撒き散らすグラフ制作者はもっと嫌いである。前にTwitterで述べたが、「みずぽタンの字が党首の字じゃない」とか「5個800円のギョーザのどこが庶民派だよ」とか、マスコミのマネしてそんなどうでもよいことを突いてどうする。俺ら有権者がすべきことは、政権与党の方針や方策が本当に正しいかどうか、正しくないならばどのような観点からどのように正しくないかを語るべきであり、胡散臭いグラフを作って「ほーら、だから鳩は信用できないだよ」などと言うことではない。それは、アサヒや毎日ら左翼マスコミのやっていることと、右左が違うだけで何も変わらない。字が綺麗かろうが汚かろうが金持ちの政治家がどこで何喰ってようと彼らの自由だ。政策とは何も関係ない。

思うに、日本が発展しているせいなのか何なのかは分からないが、平均的に見て、一般会計歳出は徐々に上がってきている。鳩山によって90兆円を突破したというのは、特段不自然な流れではないように感じる。昭和42年には5兆だったのが、昭和47年には10兆、昭和50年には20兆、昭和53年に30兆、昭和55年に40兆、昭和58年に50兆、昭和63年に60兆、平成3年に70兆、平成10年に80兆となっている。そして平成21で90兆突破。(80兆円代を10年間なんとか維持しようとした過去政府の努力は再評価したい。)

問題だったのは、単純に民主党が「一般会計歳出を3兆円減らす」と言っていたのに「6兆円増えている」という点を追及すれば良いのではないだろうか。こんな胡散臭いグラフを作ってまで民主を貶すのは、ちょっと違うと感じる。


トラックバックを送る前にコメントを読んでいたら、グラフに言及するコメントがあった。
26.
at 2009年10月18日 13:28
ADON-K さま

一般会計歳出のグラフ、拡散しても良いですか?
これ、すごく分かりやすいです。

28.
at 2009年10月18日 14:36
>26さん

いや、あのグラフはかなり恣意的に作ってある(下の部分を切り捨てて差が大きく見えるようにしている)のであまり妙なところに拡散しない方がいいと思います。ぽっぽ政権の突っ込みどころは、わざわざ細工しなくてもそこらにいくらでも転がっています。

例えば元ネタでも、そもそも3兆じゃなくて20兆出てくるはずだったのだから、足りないのはちょっとどころじゃない、訳ですし。

32.
at 2009年10月19日 00:45
>28
>恣意的に作ってある
 何言ってるの?これが懇意的ならあらゆるグラフが懇意的だわw

33.
at 2009年10月19日 00:54
グラフ、下の部分に波線(だっけ?よくグラフで下の部分を略すときのしるし。)をつければなんら問題ないんじゃね?

34.
なんとなく at 2009年10月19日 09:51
あのグラフ、パット見で麻生政権の倍もあるのかと
勘違いしましたw

内容はともかくとして、揚足取りにもなりかねないので、拡散前に少し修正した方がよろしいかと。
28、34の言ってることが正しい。他は正しく読み取れていない。特に33は最悪。なぜ最悪なのかは、俺は過去に高木浩光氏の文章を読んで理解した。
高木浩光@自宅の日記 - NHKの棒グラフ描画システムが機械的に世論を狂わせている可能性

少ないサンプル数のデータから、そのバラつきが有意な変化を示すものなのかどうか、直感的に把握するために棒グラフは適している。その場合、波線省略をしてはいけない。面積や高さの比によって把握するからだ。
最初のグラフ見て何の疑問も感じなかった人や、波線入れればOKとか思ってる人は、あなたがたが大嫌いなマスコミにすっかり洗脳されている証ですよ。NHKが左寄りかどうかは知らないが、少なくともアサヒや毎日の手のひらの上で踊らされているのですよ。
posted by 小川 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

俺の攻略本

前に何度か書いたが、俺は攻略本に載っていない情報は、攻略本に書き込むようにしている。いつからこんな性癖(性癖?)になったかは記憶に無いが、本棚にある攻略本を端から調べてみた。


FC版ドラクエ3
dqiii.jpg
宝箱の中身と、階段の位置(対応するアルファベット同士が繋がっている)が書かれている。


SFC版龍虎の拳
aof.jpg
SFC版で追加された、リョウ・ロバート・Mr.カラテ以外の龍虎乱舞に相当する技が書かれている。「超・重ね当て」よりも、「盟王武雷陣」のほうが、圧倒的にカッコイイ。使えないのは権利の関係か(SFC版はケイ・アミューズメントリースより発売されている)。


SFC版スーパーストリートファイターII
ssfii.jpg
ヒット時の点数、相手しゃがみにヒットしない、転倒する、立ちガード不可、その連続技を俺が決めれるかどうか、などが書かれている。写真では、前者2つしか載っていない部分のようだ。


ロマンシング・サガ2
rs2.jpg
敵が使ってくる技を載せている他、ザコについては、即死系の技が効くかどうかも書かれている。


SS版ザ・キング・オブ・ファイターズ'96(ただし攻略本自体はPS版のもの)
kof96.jpg
元々の攻略法に加え、SS版用に俺が気付いた戦法も書いている。


そして、「つくあそ」薄い攻略本
tsukuaso.jpg
×は、自分でプレイしないと初期メンバーにならない選手。両は1年目のキャンプでスイッチ転向をコーチに勧められる選手。その他、年俸の誤植を修正してある。


「つくあそ」厚い攻略本
tsukuaso_1.jpg
ランクが書かれている者は、新人として登場した選手。性格が書かれている者は、自分で交渉して性格を確認した選手。ふかさんが仰られるように、俺も若菜や八重樫を登場させたことは無いようだ。・・・というか、矢野輝弘や和田一浩が復活するほどすらもやり込んでいない。(すぐ最初からやっちゃう。)


ふすまの奥には、自分で作った攻略本もどきが多数ある。ロックマン3〜6の最終パスワードや8体復活時の位置、ストZERO3の真豪鬼必殺技解説や通常技キャンセル可否表、ドラクエ3アレフガルドの各町での販売している武器防具道具のリストやアレフガルド専用敵が落とすアイテムの一覧、ときメモプレイメモなど、様々なものが眠っている。気が向いたら発掘して、恥晒ししてみようと思う。


ちなみに、これらの画像は、携帯で撮って、PC用のメアドに送って、『Photoshop』で編集して、『Drag&Drop Delete Exif』でExif情報をまとめて消しました(宣伝)。
ラベル:攻略本
posted by 小川 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

算数の問題

私は、高校をお情け卒業した身分なので学は足りないほうなのです。ま、それでも四則演算ぐらいはできますので、日常生活でそんなに困ることはありません。しかし、時として、俺レベルでは到底解くことのできないような問題にブチ当たることがあるのです。

36.jpg

すみませんが、学の無い私のために、どなたか解説して頂けませんでしょうか。
ラベル:値札
posted by 小川 at 22:18| Comment(3) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

暗黙のルール破りは袋叩きにせよ

痛いニュース(ノ∀`):ニコ生放送中に配信者が保育園の運動会に乱入、「僕ロリコンなんで」とマイクで叫ぶ

あまりにもあんまりなんで、陳腐な言葉しか出てこない。


いわゆる「暗黙のルール」というものがある。少し前までの俺には「苦痛」でしかなかったものだ。今でも、初めて行く場所では、それを把握しきれない。いわゆる「ネトウヨ」もそうなのかもしれない。あとホリエモンや村上ファンドもそうなのかもしれない。しかし、今、俺は、そういう「暗黙のルール」を理解・実践していない者は、叩かれるべきだと思っている。常識・マナーなどといった暗黙のルールを理解できないやつは、理解できるまで袋叩きにされて良いと思っている。(もちろん、暴力的な意味ではない。)

んで、これを実践している組織を1つ知っている。メジャーリーグベースボールである。


良く耳にする「報復のデッドボール」。コレだ。しかし、日本人的発想の「報復のデッドボール」とは少し違う。日本人的発想だと、『前の打席でホームランを打たれ、その次の打席のときに、腹いせにデッドボールを喰らわす』・・・というようなケースを想像してしまいがちだが、メジャーのそれは全く違う。

メジャーには、いくつもの「暗黙のルール」がある。知っているだけでも列挙してみよう。
  • 大量得点差がついているときに、勝っているチームの選手は盗塁をしてはならない。
  • 大量得点差がついているときに、勝っているチームの選手はセーフティバントを試みてはならない。
  • 好調の相手投手が打席に立ったときに、デッドボールを喰らわせてはいけない。
  • 活躍している選手へデッドボールを喰らわせてはいけない。
  • 大量得点差がついているときに、審判は、際どい判定は、負けているチームに有利な判定にしたほうが良い。
  • メジャー契約でたくさん給料貰ってる選手がケガのためDL入りし、調整のためマイナーで登板/打席に立った場合、そのマイナーチームの選手のために食事をごちそうする。(おもにピザやバーガーを大量にデリバリーするらしい)
こういったものだ。

さて、ではこれらの暗黙のルールを破るとどうなるか。上記に挙げたものうち、上4つについては、「暗黙のルールを破ったならず者チームへ、手痛い報復」が待っている。もちろん、具体的には150km/h越えのストレートを打者の体へぶつける、というものだ。(報復の対象が投手で、かつ、DH制を採用している場合、捕手へ矛先が行く。)

メジャーでは、「報復」ではなく「警告」と呼ぶ。「暗黙のルール」を破った者への「警告」だ。

禁止事項を逐一、ルールブックなり法律なりに載せることは非常にバカバカしい作業である。ゆえに、歴史が刻まれるにつれ様々な「暗黙のルール」が形成されていく。それを破るならず者に対しては、「警告」を出す。メジャーリーグのルールは、「野球規則」と、この「暗黙のルール」によって成り立っている。

アメリカから来た選手が良く言う「報復のデッドボールを投げてくれなかった(野手の発言)」「報復のデッドボールを与えた(投手の発言)」というのは、このような前提がメジャーリーグにあるからである。

俺は、このメジャーの方式に賛同する。法律で縛ることのできない暗黙のルールを破った者に、警告を与える仕組みに賛同する。


ということで、冒頭にて、
常識・マナーなどといった暗黙のルールを理解できないやつは、理解できるまで袋叩きにされて良いと思っている。
と主張した。とりあえず、こうなってほしいと思う。「人様に迷惑をおかけしない」ことが心の底から分かるまで、どこかに幽閉して頂きたい。もしくは死ね。

良く見かける反応として、「次からはしないようにしようね。分かった?」と、怒りを噛み殺して相手に説くことを「大人の対応」などと呼ぶケースがある。果たしてそうだろうか。「ルール・マナーを守れない」「子供」に対しての、正しい「大人の対応」とは、「叱りつけて何が悪かったかを理解させること」ではないだろうか。「ナァナァで済ますこと」を「大人の対応」などと呼ぶ「大人」など、糞喰らえだ。
posted by 小川 at 16:47| Comment(2) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

お気に入りPV

唐突に、お気に入りの映像をかき集めてみる。メモ代わりだ。

何かのきっかけで目にした「イカイカイルカ」。『けんたろうおにいさん』と『あゆみおねえさん』のハジケっぷりが(ある意味)面白い。
http://www.youtube.com/watch?v=qynLrcrMNMk


そして、お気に入りアニメ「しゅごキャラ!」のオープニングから、「School Days」。歌っているのは、あむちゃんのしゅごキャラ4人かと思ったら、ハロプロ系の4人組だった。
http://www.youtube.com/watch?v=pMSf7bYK-_s  (Dance Shot Ver.)
http://www.youtube.com/watch?v=EEHUqxknCco  (Close Up Ver.)
http://www.youtube.com/watch?v=uvveomVyJWU  (PV)

「しゅごキャラ!」の合間のCMで、CDのPVらしきものが流れるのだが、サビの部分のダンスが
      ∩___∩
   (ヽ  | ノ      ヽ  /)
  (((i ) / (゜)  (゜) | ( i)))
 /∠彡    ( _●_)  |_ゝ \
( ___、    |∪|    ,__ )
    |     ヽノ   /´
    |        /

に見えてしょうがない。それが(違った意味で)面白くて面白くてしょうがない。うっかりCDを買いそうになるほど面白い。Dance Shot Ver.見て、腹抱えて笑った。

ちなみに歌っている4人組は「ガーディアンズ4」というユニットらしい。えーと・・・・・・ファンのかたにはタイヘン申し訳ないのですが、ハズレが3人いるよね? 一番右の背ぇ高いのは、顔はピカ一で可愛いのだが、身長が他の3人比べて格段に高いのが可愛さを失わせている。右から2番目のは、随分とお歳を召されているような・・・その衣装は厳しいような・・・。左から2番目のは、内田恭子さんですか? 一番左の方は、カワイイ。

あれ? 俺刺される? 刺されちゃう?

ちなみに、1つ前のOP曲「おまかせ♪ガーディアン」の動画もある。
http://www.youtube.com/watch?v=wd8qXXCoOFk  (Dance Shot Ver.)
http://www.youtube.com/watch?v=yiH1j7DEeTk  (Close Up Ver.)
http://www.youtube.com/watch?v=TqkHfK4IF10  (PV)

どちらも、可愛こブリっこしてる衣装&ダンスなのだが、残念ながら先述のとおり、顔がチョット老けていらっしゃる方が中央2人、身長的におかしい方が右端に1人いるので、全体的に失笑なPVになっている。・・・・・・モー娘全盛期は、そんなふうに感じなかったのだが、つんくちんぽのセンスが衰えたのか、俺の目が肥えたのか。謎は深まるばかりでございます。別にその謎は解決したいとは思わないが。
posted by 小川 at 18:00| Comment(4) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

選手のローマ字表記について思うこと

つくあそ日記では、選手の各年の成績を残している。引退時にリンクを貼るため、リンク先となるAタグのNAME属性に、選手のフルネームを入れている。基本的には、実際の選手の背番号の上に書かれているものを踏襲しているのだが、いくつか困ることもある。


●基本。
外務省ヘボン式ローマ字』を採用していると思う。
  • 『ん』は『N』で表記。ただし、『ん』の直後の子音が『B』『M』『P』の場合、『ん』は『M』で表記(本間満→『HOMMA』など)
  • オ段の長音に限って『-OH』で表すことができる。(遠山奨志→『TOHYAMA』など)
  • 『っ』の前には同じ子音を重ねる。ただし『CHI』の前に重ねる子音は『T』。
個人的には、例が豊富な東京都パスポート申請代行センターが興味深い。(余談だが、埼玉県接骨師会と例がまったく同じだ。どっちかがどっちかのパクりなのか。大丈夫なのか。)


さて、上記基本を踏まえた上で、なんだかおかしいものを紹介する。

●遠井吾郎の場合。
『TOHI』と表記している(参考魚拓)。『とひ』と読めてしまうので何とかしたいがどうにもならないか。また、堀幸一の名前『KOHICHI』などでも、同様の問題が起こる。『こひち』

●万永貴司の場合。
『MANEI』と表記している。プロ野球脱税事件で有罪判決を受けたときは『マネー』と揶揄されたが、実際、素直に読むと『まねい』だ。英国規格の場合、『ん』を表す『N』の後ろに母音が来るときは『'(アポストロフィー)』を挟むべきのようだが、彼はそうしていない。外務省ヘボン式ローマ字ではどのように書くべきか、特に規定なない模様。また、河原純一の名前(JUNICHI)などでも、同様の問題が起こる。『じゅにち』。


俺個人としては、遠井や幸一、万永や純一などの氏名が不自然でなくなるようにしてほしいと思っているが、プロ野球機構的にはどう決まっているのだろうか。調べてみた。
一・一一 ユニフォーム
 (i) リーグは所属するチームのユニフォームの背中にプレーヤーの名前をつけるように規定することができる。プレーヤーは姓以外の他の名前をつける場合は、リーグ会長の承認を必要とする。名前をつけることが決定した場合は、チーム全員のユニフォームにつけなければならない。
同姓選手が居た場合の規定や、表記に使うローマ字に関する規定などは書かれていない。同一チームにいる『高橋由伸』と『高橋尚成』が同じ『TAKAHASHI』表記でも何も問題ないようだし、『三浦大輔』が『D.MIURA』と表記するのも(リーグ会長の承認を得て?)問題ない、ということだろう。


冒頭にて記した外務省ヘボン式ローマ字には、これらは『TOHI』『KOHICHI』『MANEI』『JUNICHI』と示すのが正しいようだ。というか、これらに関する例外らしきものは見あたらなかった。Googleで『ヘボン式』を上から100件ほど見たが、無かった。見るべきものは、混乱を招く『山陽小野田(SANYOONODA)』と、この人は何人なのだろうか、ということが気になったぐらいだ。

俺の本名は、これら複雑な扱いのものはない。(強いて言えば、ヘボン式と訓令式では表記が異なるが、訓令式は既に規格外なので気にする必要はない。)しかしながら、どれかしらに統一して欲しいものである。どうにかならないものかねぇ・・・



以下、余談。

英語版Wikipediaでの小泉純一郎のURLは、『Junichiro_Koizumi』となっていた。(ただし本文中には、『Koizumi Jun'ichirō』という表記も併記されている。)

外務省ヘボン式は、パスポートにA〜Zしか使えないという制限があり、どのみち正確に日本人の名前を表記できないがため、万永などごく一部の例外を切り捨てたという考え方がある気がする。実際はどうだかは知らないが・・・。(なお、パスポート用の表記については、2008年2月より非ヘボン式でも受理されるようになったそうだ。ただし『明確な理由・主義・理念・信条等があってその旨を申請し、また今後一生涯そのスペリングを変更しない旨の誓約書を提出』する必要がある。)

道路標識ヘボン式は、(速度の出ている車からの)判読性確保のために文字数を減らすため、長音を表す『-(ハイフン)』や『^(サーカムフレックス)』『¯(マクロン)』や『OH』は使わず、また『b』『m』『p』の前の『ん(n)』を『m』に変えるなどという例外もない。しかし、Shin-ikecho(新池町)など、区切りにはハイフンを使う。

駅名標ヘボン式では、上記両者の合体版とでも言うべき正確な表記がなされている。「Shimbashi」、「Bitchū-Kōjiro」(備中神代)、「Tamba-Ōyama」(丹波大山)など。

そして、ドメイン名では当然、サーカムフレックスやマクロンは使えないため、外務省ヘボン式、道路標識ヘボン式、訓令式が、ドメイン取得者の個々の思いこみや経験や予算?などから統一性なしに使われている。同じような経緯で誕生した大分県の豊後大野市はwww.bungo-ohno.jpだが、茨城県の常陸大宮市はwww.city.hitachiomiya.lg.jpである。というか、city.市名.lg.jpというドメインが多い中、豊後大野市の.jp、福井県小浜市のwww1.city.obama.fukui.jpなどといったトリッキーな例もある。もうメチャクチャ。ここは日本か。
ラベル:ローマ字
posted by 小川 at 16:26| Comment(8) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

これは一体何?

「知られたくなかった2012創造説」WEBサイト

新興宗教的なもの? スピリチュアル的なもの? カルト? 本に鳩山の顔写真が堂々と出てるけど、彼は広告塔? Amazonや楽天の表紙画像には、鳩山の顔写真とメッセージはなし。まぁおそらく、良く本についてる帯に書いてあるんだろうけど。と思ったらしょういんとかいう出版社?のサイトでは鳩山の顔写真ありなのか。

んーと、とりあえず「なんだか気持ち悪いぉ」という感想を持った。個人がどんな宗教を信仰してようと勝手だけど、日本で一般的な仏教系ではないものに傾倒している人を見ると、俺はちょっと怖く感じるよ。ましてやそれが次期総理候補となると・・・・・・(((;゜Д゜))ガクガクブルブル
posted by 小川 at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

広義の同士

安産祈願と言えば、妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に行うものとされています(もちろん諸説あります)。で、先日、第二子を妊娠中の私の妻と私と娘(長女)の3人で、安産祈願に行ってきました。昇殿しての祈願中に娘がちょっと泣いたり騒いだり、腹帯を忘れたり、そもそも戌の日がことごとく六曜での縁起が悪い日に当たっていて結局戌の日じゃない日に行ったりと、色々ありましたが、まぁ儀式のようなものなので細かいことは気にしないことにしました。

で、その安産祈願に行った最寄りの神社。その日、受け付けにいらっしゃった巫女さんは20代と思しきメガネっ娘で、「メガネの巫女を置いておくとは、小さい神社ながらなかなかやるではないかウリウリ」などと思ったりしていました。メガネっ娘は8割増しになるので、それだけで気分が盛り上がります。いえいえ、こちらは普通のオッサンです。手は出しません。


今日、某大型カメラ店からの帰りにその神社方面へと歩いていたら、そのときの巫女さんがゴスロリファッションに身を包み、神社方面から歩いてきたのです。私は「巫女もコスプレの一貫かー」と思ったのです。
posted by 小川 at 19:53| Comment(4) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする