2018年06月21日

ワールドカップを日本のサッカーで例えてみた(パクリ)(二番煎じ)

かつての俺は、スポーツ応援マニアだった。Jリーグ発足時の10チームもちゃんと言える(鹿島アントラーズ、ジェフユナイテッド市原、浦和レッドダイヤモンズ、ヴェルディ川崎、横浜マリノス、横浜フリューゲルス、清水エスパルス、名古屋グランパスエイト、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島)。で、次のシーズンでベルマーレ平塚とジュビロ磐田が加わった。ほらな。な?

しかし、今となってはスポーツ応援の優先順位は非常に低く、「サッカー日本代表がなんかやってるっぽいなぁ」「ワールドカップかぁ」「どこでやってんだろ?」「前回はブブゼラだっけ?」というぐらい興味がない。

それは以前もそうであったが、先に述べたように、Jリーグ発足時のチームは分かるし、その後のJ1に上がってゆくチームたちも、まったく知らないわけではない。京都パープルサンガ、大分トリニータ、コンサドーレ札幌、福岡ブルックス。ほらな。な?

で、俺はブブゼラワールドカップのとき、あのブログに辿りついた。

そう。

FIFAワールドカップを日本のサッカーで例えてみた

これね、すんげぇわかりやすいの。スッと入ってきた。ツエーゲン金沢とかギラヴァンツ北九州とか六花亭マルセイユなんとかとか、このブログを見なかったら決して記憶には残らなかったと思うんだ。

で、あれから、どうやら8年が経っている。前回のワールドカップも、今回のワールドカップも、上記のような分かりやすい企画をやってる人はいなかった。(そりゃまぁ、二番煎じだからねぇ)

よし、んじゃいっちょやってみっか。


FIFAランク国名チーム名リーグ順位
1ドイツサンフレッチェ広島J11
2ブラジルFC東京J12
3ベルギー川崎フロンターレJ13
4ポルトガルセレッソ大阪J14
5アルゼンチン北海道コンサドーレ札幌J15
6スイスヴィッセル神戸J16
7フランスベガルタ仙台J17
8ポーランドジュビロ磐田J18
9チリ柏レイソルJ19
10スペイン清水エスパルスJ110
11ペルー鹿島アントラーズJ111
12デンマーク湘南ベルマーレJ112
12イングランド横浜F・マリノスJ113
14ウルグアイ浦和レッズJ114
15メキシコV・ファーレン長崎J115
16コロンビアガンバ大阪J116
17オランダサガン鳥栖J117
18ウェールズ名古屋グランパスJ118
19イタリアレノファ山口FCJ21
20クロアチア大分トリニータJ22
21チュニジアFC町田ゼルビアJ23
22アイスランドアビスパ福岡J24
23コスタリカ松本山雅FCJ25
24スウェーデンファジアーノ岡山J26
25アメリカ合衆国横浜FCJ27
26オーストリアFC岐阜J28
27セネガル大宮アルディージャJ29
28スロバキアヴァンフォーレ甲府J210
29北アイルランドモンテディオ山形J211
30ルーマニア東京ヴェルディJ212
31アイルランドジェフユナイテッド千葉J213
32パラグアイアルビレックス新潟J214
33ベネズエラツエーゲン金沢J215
34セルビア徳島ヴォルティスJ216
35ウクライナ水戸ホーリーホックJ217
36オーストラリアロアッソ熊本J218
37イラン栃木SCJ219
38トルコ京都サンガF.C.J220
39コンゴ民主共和国愛媛FCJ221
40ボスニア・ヘルツェゴビナカマタマーレ讃岐J222
41モロッコ鹿児島ユナイテッドFCJ31
42スコットランドアスルクラロ沼津J32
43モンテネグロガイナーレ鳥取J33
44ギリシャFC琉球J34
45エジプト福島ユナイテッドFCJ35
46チェコ共和国Y.S.C.C.横浜J36
47ガーナセレッソ大阪U−23J37
48ナイジェリアブラウブリッツ秋田J38
49ブルガリアガンバ大阪U−23J39
50カメルーンザスパクサツ群馬J310
51ハンガリー藤枝MYFCJ311
52ブルキナファソグルージャ盛岡J312
53ノルウェーSC相模原J313
54ジャマイカカターレ富山J314
55パナマAC長野パルセイロACJ315
56スロベニアFC東京U−23J316
57韓国ギラヴァンツ北九州J317
58アルバニアHonda FCJFL1
59ボリビアFC大阪JFL2
60エクアドルヴァンラーレ八戸JFL3
61日本FC今治JFL4
62ホンジュラスソニー仙台FCJFL5
63フィンランド奈良クラブJFL6
64マリラインメール青森JFL7
65カーボベルデ東京武蔵野シティFCJFL8
66アルジェリアヴィアティン三重JFL9
67サウジアラビアホンダロックSCJFL10
68コートジボワールMIOびわこ滋賀JFL11
69ギニアヴェルスパ大分JFL12
70ロシアコバルトーレ女川JFL13
71マケドニアFCマルヤス岡崎JFL14
72エルサルバドル流経大ドラゴンズ龍ケ崎JFL15
73シリアテゲバジャーロ宮崎JFL16

下位のチームをパッと眺めると、ギラヴァンツ北九州、ブラウブリッツ秋田は、8年前にもいましたねぇ。いっぽう、8年前の日本代表ことツエーゲン金沢は、惜しくも漏れていますねぇ。

さて、それではグループごとに見てみましょう。


Group A
ウルグアイ浦和レッズ
エジプト福島ユナイテッドFC
サウジアラビアホンダロックSC
ロシアコバルトーレ女川

レッズはさすがに格が違う感じがする。他3つは、どこが来てもおかしくない、っていうかどこ?


Group B
ポルトガルセレッソ大阪
スペイン清水エスパルス
イラン栃木SC
モロッコ鹿児島ユナイテッドFC

セレッソとエスパルスで固そう。


Group C
フランスベガルタ仙台
ペルー鹿島アントラーズ
デンマーク湘南ベルマーレ
オーストラリアロアッソ熊本

これはなんという死のグループか。ロアッソは蚊帳の外だが、他3つはどこが来てもおかしくない。


Group D
アルゼンチン北海道コンサドーレ札幌
クロアチア大分トリニータ
アイスランドアビスパ福岡
ナイジェリアブラウブリッツ秋田

ここもなかなか。アビスパがJ1上位に食い込んだことはないと記憶しているが、コンサドーレとトリニータは上位にいったことも、J2で苦しんだこともあったと記憶している。ここもなかなか厳しそう。


Group E
ブラジルFC東京
スイスヴィッセル神戸
コスタリカ松本山雅FC
セルビア徳島ヴォルティス

FC東京とヴィッセルで固そう。松本山雅FCといえば松田選手の突然の死を思い出すけど、J2で5位と頑張ってるじゃないですか。ヴォルティスはJ1にいたことあったよね? ということで、ここもなかなか厳しい戦いのようだ。


Group F
ドイツサンフレッチェ広島
メキシコV・ファーレン長崎
スウェーデンファジアーノ岡山
韓国ギラヴァンツ北九州

サンフレッチェは固い。新鋭V・ファーレンにファジアーノが挑む感じ。


Group G
ベルギー川崎フロンターレ
イングランド横浜F・マリノス
チュニジアFC町田ゼルビア
パナマAC長野パルセイロAC

フロンターレとF・マリノスで固そう。ゼルビアはJ2下位〜J3上位が定位置だからねぇ。


Group H
ポーランドジュビロ磐田
コロンビアガンバ大阪
セネガル大宮アルディージャ
日本FC今治

FC今治にはノーチャンスな気がするのですが、FC今治がガンバに勝ったというのは、敵の戦力がどうであったとしても、これは大金星と言って良いでしょう。


うん、面白かった。
なお、当企画は、これで終了です。結果を追い求めたりとかはやっぱ興味ないので。
あー楽しかった。
posted by 小川 at 23:18| Comment(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。