2018年06月02日

ディープストレンジジャーニー日記その62・セクターE

3F・LAWサイドEXボスその3。

Lv平均45。

手持ちのメンバーでは不可能そうなので、電撃や疾風攻撃ができたり、カジャ・ンダを持つ仲魔を3人見繕ってみた。

主人公Lv74(豪氷撃、猛雷乱撃、豪風撃)
妖精スプリガンLv36(ジオンガ、ベノンザッパー追加)
地霊ティターンLv35(デスバウンド、雄叫び追加)
幻魔タム・リンLv30(マハガル、ポパズマ、メディラマ追加)

……が、どうにも弱い。うしろ3人のダメージに期待できないし、デビルCO-OPのダメージも弱い。そうこうしているうちに、審判の光が飛んできて、ティターンとタム・リン死亡。うーん、ダメだな。


リセットして、編成を替えてみる。

幻魔クルースニクLv55(グランドタック、スクンダ、リカーム、一分の魔脈追加、勝利のチャクラ削除)
妖獣ヌエLv29(切なさ乱れ撃ち、爆砕拳、フォッグブレス、チャージ追加)
神獣シーサーLv15(引っ掻き、奇襲、追撃の心得追加)

主人公は豪風撃、クルースニクがグランドタックでダメージを稼ぐ。シーサーは雄叫び2回のあとはずっと防御、ヌエは溶解ブレス、フォッグブレスを2回ずつやってあとは防御。ラクカジャされたら溶解ブレス。
途中、右側のヤツがチャージしてきたので、念のため物反鏡を使ってみたら、案の定、冥界破が飛んできた。1500超えのダメージを反射して倒した。左側はコンセントレイト→ジオダインだったので、たいしたことなし。
無事、倒せた。

posted by 小川 at 02:01| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。