2010年01月01日

ただ神社的な答えが知りたい

ムラ社会で生きるなんてバカバカしい、と言うことはとても簡単だ。だが、俺は長男で、いずれは実家に戻る(親の面倒も見ねばなるまい)身、朱がムラ社会ならば赤くならざるを得ない。

俺個人が非常識者としてバカにされる分には諦めもつくが、俺のせいで俺の家族や親までもがバカにされるのは我慢ならん。我慢ならんと言っても暴力を揮うわけにも権力を行使するわけにもいかない(そんな権力ないしな)。ましては俺のせいで家族までもが村八分になることなどとても我慢できない。俺は地元が大好きで、ご近所さんも大好きで、そことの関係をわざわざ壊したいとは思わない。ご近所の皆さんの多くは顔見知りだし。もちろん過干渉などはしないが、いわゆる田舎の普通のご近所づきあい程度は維持したい。


六曜という、どうやら江戸時代ぐらいからの歴史しかないものがある。明治だか昭和だかのタイミングで、政府は「そんな迷信を信用してはならん」というようにふれ回ったようだが、結局現代まで生き残っている。有名なのは「結婚式は大安に」「友引に葬式はしない」などだ。

んで、一般的に・・・といっても俺の記憶だが、神社仏閣に参る際には「仏滅・赤口は避ける」というのがある。某神社のHP内でも同様の記述があったので、一部では市民権を得ているのであろう。少なくとも小川家の実家では市民権を得ている。


では問題。「初詣」と「仏滅・赤口は避ける」は、どちらが優先なのだろうか。


教えてGoo!とかでは「そんなん気にするな」「あなたの気持ち次第」などという答えがあったが、そういう答えは不要。Twitterでも長らく呟いていたし、グーグル先生にも伺ったが、俺が欲しい答えは出てこなかった。

俺が欲しい答えとは何か。例えば俺が「はさみ持ってる?」と聞いたら、「はい」か「いいえ」で答えていただければ良い。日本人らしく空気を読んで、俺が何も言わないのにはさみを出す、などといったことは必要ない。(プログラマ脳・アスペ脳の話は割愛)

俺が欲しい答えとは「初詣優先」「仏滅赤口は避ける優先」「どちらも間違いでは正しくはこうこうよ」のいずれか。

ちなみに、俺は、こうかな、と予想した
if( 新年初参りか? )
{
 行け
}
else if( 今日は仏滅or赤口か? )
{
 避けれ
}
else
{
 好きにせい
}
また、@kitamurakenji氏は、以下ではないかと予想された。
if( 新年初参りか? )
{
 if( 今日は仏滅or赤口か? )
 {
  避けれ
 }
 else
 {
  行け
 }
}
else
{
 好きにせい
}
かな

誰か明確な答えとその根拠となる一次ソース持っていませんか。



追記。
念のため書いておく。俺自身は、このようなことに興味は無い。もっと言ってしまうと神社仏閣詣ですら興味がない。事実、独身時代は初詣どころか例年例年いかなかった。例外を挙げると京都時代。このときは行った。「俺が行かないせいで親が悪く言われる可能性」を消すために。もちろん、京都拉致組の中にそんな人はいないが、まぁ参拝で俺の気持ちが落ち着くなら簡単なモンだ。閑話休題。初詣に行くにせよ、あるいはしばらく経ってから行くにせよ、根拠が欲しい。「仏滅赤口は避ける」と「初詣」とを両立させるorさせない神社側の根拠が。答えの通りに実践するかどうかはまた別の話。

今年、俺が詣でようと思っているのは、家族がいるからだ。俺自身にバチがあたる分には一向に構わないが、家族まで巻き込まれるのは困る。それを避けるために詣でたいと思う。しかしながら、六曜的に今日は「先負」である。俺の最寄りの神社的に、先負の日はあまりよろしくない

さて俺は、俺の不義理に家族が巻き込まれないようにするために、「先負」を重視すべきなのか、それとも「初詣」を重視すべきなのか。


どなたか答えを知りませんか。

重ねて申し上げるが「気にするな」「好きにせい」という答えは受け付けていないのでそのような回答は誠に勝手ながらご遠慮願いたい。
ラベル:初詣 六曜 神社
posted by 小川 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック