2009年11月29日

なぜそう都合よく信用するの?

まず最初に断っておくけど、俺はADON-K@戯れ言巡回リストに入れるほど好きだ。ただ、最近は自分の目が肥えたのか管理人氏の腕が下がったのか(あるいは意図的にか)、ちょくちょくおかしい点が目に入る。んでコメント欄を見ると、いかにもな「ネトウヨ」の皆様がマンセーしていて気持ち悪いときがある。

何度か書いているが、俺ら民主党否支持(≠自民党支持)者が政権与党に対してやるべきことは「みずぽタンの字が党首の字じゃない」とか「5個800円のギョーザのどこが庶民派だよ」とか、サヨクマスコミのマネをすることではない。政権与党の方針や方策が本当に正しいかどうか、正しくないならばどのような観点からどのように正しくないか、そういったことを語るべきだ。当然、批判するにせよ主張するにせよ、紛れのない証拠(文章・議事録等)は必須。

今回気になったのはこのネタ。

ADON-K@戯れ言: 【動画】偉大な総理大臣様のサラリーマン給与認識

リンク先の動画(音声だけだが)を見ていただいた上で、激しく同意された方には、次の疑問をさせて頂く。

この「証言」を信用する人は、「強制連行されたニダ」って言われても信用するのですか? 二木啓孝はWikipediaによると
過去には週刊誌と夕刊紙でずいぶんと飛ばし記事を書いてきた」と告白している。
という人物ですが、そのような「信用に足らない人物」の「証言」を信用されるのですか?


鳩山憎しだけでは目が曇る。それじゃサヨクと変わらない。そんなことではダメだろう。マスコミが飛ばしや隠蔽で必ずしも「事実」を語らない以上、せめて俺らは、紛れのない証拠を元に事実を追及する必要があるんじゃないのか。


ラベル:証言 二木啓孝
posted by 小川 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。