2009年07月15日

お互い様だろ

ナベQ激怒!球審に猛抗議「話にならない」 - 野球 - SANSPO.COM

 (パ・リーグ、西武6−8楽天、10回戦、西武6勝4敗、14日、西武ドーム)八、九回に6失点して逆転負け。西武・渡辺監督の怒りは審判団に向けられた。一回無死満塁で三ゴロを中村紀が本塁に送球し捕手の中谷が落球したが、球審は「完全捕球はした」とアウトを宣告。指揮官は三走のホームインが先と9分間にわたって猛抗議したが、判定は覆らなかった。「あんなの話にならない。なあなあにはできない」と渡辺監督。球団は15日、コミッショナーに質問状を送る。

まぁ、ナベQが、『自軍に有利な誤審に対しても同様に抗議する』って言うなら、支持する。そうでなく、『自軍に有利な誤審なら黙ってる』って言うなら、おとなしくベンチに座って野球規則読み直せ

なあなあにはできない
などとうそぶいているが、どうせ自軍に有利な誤審なら抗議しないだろ。そういう態度こそがなあなあなんじゃねーの?
posted by 小川 at 14:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まぁ監督は唯一抗議できる立場にありますからねぇ。。。
どうせなら士気を高めるためにも退場にまでなればいいのに。
そこまでできないのもなあなあの証かな。
Posted by アレックス at 2009年07月15日 19:31
> 士気を高めるためにも退場
日本では、広島ブラウン監督ぐらいしか知りませんね。(日本人じゃねーし(笑
http://bit.ly/12BwBt

士気を高めるために、自身がハラかっさばいて退場になるよりも、ルールを犯してでも自身の正義を主張することを選んだのでしょう。しかし、ルールを知っている身としては、醜い行為に映って残念です。
Posted by 小川 at 2009年07月15日 20:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック