2009年05月09日

金城のタイムリーを見て

横浜が阪神に連勝 金城が3点二塁打放つ

 【横浜4−0阪神】横浜の金城が試合を動かした。0―0の7回2死満塁で、好投していたグリンの代打として打席へ。「グリンのためにも絶対に打ってやろうと思っていた」

 能見にカウント2―1と追い込まれながらもチェンジアップをうまく拾い、左へ走者一掃の二塁打。2000年に首位打者に輝いたベテランだが、代打に回ることも多い。「どんな時でも一生懸命やろうと思っている」と表情を引き締めた。

引用の必要なかったかも(笑

いやこれテレビで見てたんだけど、金本のあの守備は何? どっか怪我でもしてんの? しんどそうにドタドタ走って。あれ普通以上の守備力持つ選手なら取れたんじゃないの? 風を計算に入れても。

金本の連続試合フル出場の記録は凄いと思う。ちょっとやそっとでは休まないその気迫や精神が、赤星や鳥谷に良い影響を与えたことも素晴らしいと思う。だが、今日の守備は明らかに足を引っ張っていると感じた。過去にも、骨折を押してフル出場を続けたことがあったが、どうだったのだろうか。個人の記録のためにチームの勝利を捨ててしまうことがあったのではないだろうか。気になって仕方ない。

・・・いや、金本の打撃を考えると、ラミレス同様、守備を切り捨ててでも起用せざるを得ないのかもしれん。桜井や林や葛城がもう一歩ブレイクすれば、それこそ守備に不安のある金本は外して問題ないと思うが、現状の彼らを見ると・・・・・・まだまだ金本は必要だと感じざるを得ない。

能見にとっては、様々な不運が重なった試合だったな、と思う。
タグ:金本知憲
posted by 小川 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118990802

この記事へのトラックバック

セ・リーグ塁打数5傑【5/10終了時点】
Excerpt: 【塁打数】 @坂本勇人(G) 77 A金本知憲(T) 70 B小笠原道大(G) 69 Cラミレス(G) 66 D森野将彦(D) 6..
Weblog: スポータル
Tracked: 2009-05-11 18:37