2008年12月11日

「絶対必須」か「あれば嬉しい」かの違い

投稿者 : そらぞう at 2008年12月11日 11:13

何というか・・・。現実処女がいいという男も多い訳で、
経済力は大事よ!という女も多いと思う。
他人を変えようとするのではなく、自分を変えていった方が
幸せなのかなぁとは思った。

処女>彼女
彼女>処女

で、ナツさんが叩いているのは前者。ナツさんの元彼も前者。前者を処女厨として忌み嫌っている。

後者の中にも、
現実処女がいいという男も多い訳で、
経済力は大事よ!という女も多いと思う。
っていうのは居るかもしれない。しかしそれは、「彼女>処女」という図式が成立しているという前提の上で、「あれば良いけどなくても良い」というレベルのもの。ナツさんの話とは根本的に違う。

俺の話をしようか(またか)。

俺は処女萌えでは無いが、『メガネっ娘』『長身』『ロングヘアー』『パンツスーツ』のいづれかの要素を満たすことでハァハァすることは前に書いた。・・・で、ウチの嫁さんがどれにも当てはまらないことも、前に書いた。俺にとって、

メガネっ娘・長身・ロングヘアー・パンツスーツ>嫁(すなわち、処女>彼女に該当)

ではなく、

嫁>メガネっ娘・長身・ロングヘアー・パンツスーズ(すなわち、彼女>処女に該当)

なのだ。

そらぞうさんが言うように、
現実処女がいいという男も多い訳で、
経済力は大事よ!という女も多いと思う。
というのは、俺は真だと思う。前者でも後者でも。だが、前者と後者で決定的に違うのは、「絶対必須」と思っているか、「あれば嬉しい」と思っているかの違い。この違いは大き過ぎる。そらぞうさんは、どちらの立場でそのような発言をしているのだろうか。

処女(絶対必須)>彼女(あれば嬉しい)
彼女(絶対必須)>処女(あれば嬉しい)

ほら、全然違う。前者と後者、どっちが彼女、喜ぶと思う? 分かんないヒトは、『処女』を『高学歴高収入イケメン』にでも置き換えてみれば分かるんじゃない?




さて、ここから先は余談。勝手な推測。

理解不能なのは、コメント本文の下2行。
他人を変えようとするのではなく、自分を変えていった方が
幸せなのかなぁとは思った。
これが何を指しているのかが分からない。正確には、上2行との整合性が取れない。考えられる可能性は2つ。

(※以下「処女厨」という言葉は、彼が女性だった場合、「高学歴厨」とでも読み替えてくだされ)

1.彼は処女厨で、そう思っている。
2.彼は処女厨でなく、そう思っている。

まず1だとしたら。
上2行は、いわゆる処女厨の願望。女はスイーツ(笑)ばかり、そして男は処女厨ばかり。自分が処女厨だから他の男も皆処女厨のはず! あるいは身近な友達が皆処女厨だから、他の男も皆処女厨のはず! と思っている。・・・しかし、ナツさんらの意見を見て、「あれ? 俺間違ってるっぽい? 反論できないふいんき(なぜか変換ry」と思っている。もしそうなら、真っ当な考え方に戻れるかもしれない良いチャンス。がんばれ。だが、上2行のさりげない処女厨アピールが鼻につく。そういうの無くさないと、パートナーに巡りあえないんじゃないかな。

次に2だとしたら。
下2行。
他人(処女厨)を変えようとするのではなく、自分(処女厨でない)を変えていった方が
幸せなのかなぁとは思った。
と読める。(カッコ内を入れ替えると、前提(彼女>処女)が矛盾してしまうから。) ということは、彼は2から1への転進を計っているのか? だとすれば、上2行も説明がつく。自分のパートナーが処女厨的考え方で、自分が処女厨でない考え方だとするとどうだ? ここまでのコメント欄での議論を見て、自分の処女厨的考え方を押し殺すことで、現パートナーとうまくいくと考えているとしたら? それはなんというか・・・可哀想に思えてくる。


4行の短い文からムリヤリ導き出すのは、これが限界。まぁ、彼or彼女がどうであれ、俺には関係ないのですがー(えー) 勝手に妄想に使ってスミマセン>そらぞうさん
posted by 小川 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック