2008年11月04日

なぜそのコーチ?と思った

いやぁ、タイトル通り、「なぜそのコーチ」と思ったんだ。今はその謎は氷解している。

WBC“実務”内閣に山田氏、伊東氏ら就任要請魚拓

 来年3月の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表コーチに、中日で監督を務めた山田久志氏(60)と前西武監督の伊東勤氏(46)が就任を要請されていることが3日、明らかになった。さらに前中日コーチの高代延博氏(54)、元中日の与田剛氏(42)ほか、巨人からは篠塚和典打撃コーチ(51)、緒方耕一外野守備走塁コーチ(40)が加わる見通しで、12日に全スタッフが発表される。

 星野仙一監督が指揮を執った北京五輪で日本代表はメダルなしの惨敗。その一因として星野監督の人脈を優先させたような首脳陣で臨んだ点があげられ、「仲良し内閣」とやゆされた。今回はその反省を糧に、実務能力を重視した人事となるもよう。北京と同じ轍(てつ)は踏まぬという球界の危機感が反映されている。

適材適所は、もはや常識だろう。山本浩二三塁コーチャーとかあり得ねぇよ。

それはさておき、疑問に思った第1の理由。山田と伊東。彼らは、好き嫌いで選手を起用すると聞いている。伊東が石井貴や佐藤友亮を干したのは記憶に新しいし、山田は山崎武司を干した。もちろん、彼らは監督としてそれなりの結果を残しているのだが、WBCで露骨な干し方とかしないだろうね? ちなみに、原も干すタイプ。仁志とかね。今年だと清水どこいったんだろ。あと久保とか林とか小坂とか。逆に野村克也は、ブツクサ言いながらも今岡を起用してた。

疑問に思った第2の理由。原とは接点の見当たらない山田、伊東、与田、高代の起用。無関係とは言わないが、現役時代でも与田以外とは戦ってなくね? 与田以外は、せいぜい監督・コーチとして戦ったぐらいか。


だがこれらの疑問は、程なくして氷解した。

まず第1の疑問に対する答えだが、彼らはコーチとしては優秀であるということ。山田の投手コーチとしての眼力、指導力は非常に高いらしく、監督時代にトレードで獲得した平井正史やビッグマウス覚醒剤野村貴仁など、信頼する者は多いらしい。また、イチローとも仲が良い。これは重要(笑)・・・・・・あ、伊東には特にそういう話はなかった(えー)。伊東については、第2の疑問のほうにて。

第2の疑問に対する答え。
山田、伊東、与田は、NHKでメジャーの解説も行っている。これだろう。第1回WBCでも、同様に武田一浩と大島康徳がコーチだった。世界を相手に戦うならば、世界のことを見ている人物が相応しいということだ。高代は、ノックの名人と聞く。ノックの名人と言えば森脇浩司というのが俺の頭の中にあったが、高代も負けず劣らずらしい。緒方と篠塚は、まぁお友達ですな。流石に気軽に話せるメンツがいないと辛かろう。


・・・と言うことで、コーチに対する疑問は氷解した。

だが、もう1点付け加えるとすれば、なぜ前回チャンピオンのときのコーチが1人もいないのか? といことだ。大丈夫なんだろうか。
posted by 小川 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック