2008年10月18日

あーあ・・・

プロアマ連絡会 指名凍結3年で統一へ魚拓

 日本プロ野球機構(NPB)と、社会人野球を統括する日本野球連盟、全日本大学野球連盟、日本高野連のアマ3団体が17日、都内でプロ・アマ連絡会を開いた。新日本石油ENEOS・田沢純一投手の大リーグ挑戦表明を受け、NPB側はドラフト指名を拒否して海外でプレーした選手が日本に戻る場合、一定期間ドラフト対象から凍結することを決定。それに対し日本野球連盟の鈴木義信副会長は「田沢ら今年度の選手は適用しないでほしい」と強く要望した。しかし、6日の実行委で合意していることもあり、最終的には凍結の対象となるとみられる。

 凍結の期間については「高校生は帰国後3年間、大学・社会人は2年間」としていたものを、3年間に統一することで検討。また大リーグスカウトの登録制など新たなルールづくりも合意、来春のセンバツ大会をメドに導入することになった。

考えうる最悪のパターンで確定。ほんと器がちっちぇえな日本球界。自分らがおいしい汁を飲むために、若いモンの芽を摘むことなど屁とも思ってない連中が、野球界の一番上に君臨してるんだ(;´Д`)

(俺が思う)最善手としては、
  1. メジャーのドラフト地域にしてもらう。
  2. 海外武者修行を積極的に推奨する。
なんだけど、プロ野球は所詮12企業の広告塔でしかないので、いかにして日本人選手を囲い込むかっていうことしか興味ないんだよな。だから良い選手を海外の球団へ、っていう発想はまったくない。あーあ。野茂がコミッショナーになったりしないかなぁ・・・


posted by 小川 at 11:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
12企業の広告塔ってトコは同意するな。

別に海外の球団でなくてもいいけど、主力選手を金にモノを言わせて囲い込む体質からして気に食わない。
生え抜きって言い方もあるけど、スター選手・実力のある選手に様々なチームを経験させることは球界全体を見た場合に悪いことではないと思う。

小川氏と発想は全然違んだけど、コミッショナー権限でやることの中でオラが理想とするのはNBAサラリーキャップ制。
いい選手を金持ち球団に集中させない。
連覇したら結果的に主力選手の給料が上がって、放出しなきゃいけなかったりドラフトで不利になったりすることで、全体的に均衡化する。

ダントツに弱いチームも強いチームも作らず、いつも均衡していれば試合そのものが面白くなると思う。
それって球界全体の魅力になるんじゃないかな?

それでも海外に行きたいってんなら行けばいい。
その代わり、WBCなんかの国際大会では本国のチームに参加して、本国九回に残っている選手の刺激となってくれればそれでいいんじゃないかなぁ?
Posted by きり丸 at 2008年10月20日 22:45
NBAのことは正直言って良く知らないんだが、サラリーキャップ制度を実行するには、資金の再配分を機構中心で行わなければ成立しないんだよね? だが、プロ野球機構にそういう仕組みはないから、サラリーキャップはまだまだ先っぽいなぁ。

まぁ、日本球界および日本政界を牛耳っていらっしゃる某ツネがさっさと死なない限り、当面は何も変わらんのだろうねぇ。
Posted by 小川 at 2008年10月20日 23:42
そそ、資金の再配分を機構中心で行うことが大前提。
NFLの場合は上限をオーバーした場合に罰金やドラフト指名権剥奪の可能性がある。厳しい制限のお陰で
『NFLの年俸総額上位3チームと下位3チームの格差は1.47倍である。これはMLBの4.55倍の半分以下(wikiより)』だそうだ

NBAの場合はそれが少し緩くて、3年以上同一チームでプレーしていれば上限額に左右されず最大年限契約が結べたりする。
罰金としてラグジュアリータックスってのがあって(以下wikiより)
チームのサラリー総額が一定の基準を超えると罰金が適用される。この罰金はラグジュアリー・タックス(贅沢税)と呼ばれ、徴収された金は、罰金を支払ってないチームに平等に配分される。


こんなのがあるお陰で、NBAではプレーオフ常連チームはあるものの、バスケ版日本シリーズで3連覇したチームですら少ない。
どこのチームもチャンスありって雰囲気は非常にいいと思うんだがなぁ。

何とかならんかね、ツネさんよぉ。
Posted by きり丸 at 2008年10月22日 02:00
12球団それぞれが独立採算とってるから、まず、そこの統一から・・・となると、非常に難しいだろうねぇ。少なくともツネが生きてる間は。

NBAの人気はアメリカ4大スポーツと呼ばれるくらいだから、サラリーキャップや贅沢税など諸々、学ぶべきことはあると思う。

少なくとも、北風政策で締め付ける、ってのは旧世代の考えだわな。
Posted by 小川 at 2008年10月22日 13:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。