2008年10月10日

仕掛けられたらどうすんの?

守るために戦うっていう発想はないのかなぁ・・・

ノーベル物理学賞:反戦語る気骨の平和主義者…益川さん

 ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英・京都産業大教授(68)。穏やかでちゃめっ気のある益川さんだが、「反戦」を語る気骨の平和主義者でもある。

 作家の大江健三郎さんらが作った「九条の会」に連動し、05年3月、「『九条の会』のアピールを広げる科学者・研究者の会」が発足した。益川さんは呼びかけ人の1人だ。同時期に誕生したNPO法人「京都自由大学」では初代学長に就任し、市民の中に飛び込んで平和を語った。

 原点は幼少期の体験にある。益川さんは名古屋市に生まれた。小学校入学前、第二次世界大戦を体験し、焼夷(しょうい)弾が自宅の屋根を突き抜けた。「不発だったが、周囲はみな燃えた。両親はリヤカーに荷物を積んで逃げまどった。あの思いを子孫にさせたくない」と言う。

 05年、自民党が憲法改正に向けた要綱をまとめた。中国で反日デモが相次ぎ、JR福知山線事故が発生した。平和と命の重みが揺らいだ。当時、益川さんは「小中学生は憲法9条を読んで自衛隊を海外に派遣できるなんて考えない。だが、政府は自衛隊をイラクに派遣し、更に自衛隊の活動範囲を広げるために改憲を目指す。日本を戦争のできる国にしたいわけだ。僕はそんな流れを許容できない」と猛然と語った。

 1955年、アインシュタインら科学者11人が核兵器廃絶を求め「ラッセル・アインシュタイン宣言」に署名した。その1人が益川さんが尊敬する日本人初のノーベル賞受賞者、湯川秀樹博士だ。「湯川先生の原動力は核で人類が滅ぶ恐怖だったと思う。僕はより身近に、一人一人の今の生活を守りたい。その実現に、戦争はプラスですかと問いたい。殺されたって戦争は嫌だ。もっと嫌なのは自分が殺す側に回ることだ」と強調する。

 受賞から一夜明け、「専門外の社会的問題も考えなければいい科学者になれない。僕たちはそう学んできた」と力を込めた。【奥野敦史】

好き好んで戦争するヤツって誰だろう。アメリカか?アルカーイダか?日本か?海賊か? 俺たちは北朝鮮の拉致を許して良いのかな。アルカーイダの同時多発テロを許して良いのかな。海賊を許して良いのかな。

俺も先生も、経験あるだろう。ちょいと調子に乗って、怒られなかったから更にエスカレートするっていう経験。男ならあるんじゃないかな(ないヒトごめん)。

北朝鮮もアルカーイダも海賊も、一度成功して怒られなくて、調子こいて更にエスカレートしてる状態なんだよ。だから、親なり教師なり先進国なりが、諌めて、諭して、それでもダメなら怒鳴ってでも引っ叩いてでも止めさせる必要があるの。それが教育、あるいはしつけというもの。

で、まぁ被曝したと思しき海賊さんは良く知らないので置いておくとして、北朝鮮にしてもアルカーイダにしても。今までどんだけ諌めた?どんだけ諭した?自分の要求を呑ませるために調子こいんてんのはどいつだ?

「僕は優しいおじいちゃんだから、孫がどんな悪いことしても笑って許してあげます」っていうのは、教育放棄でしょ。先進国が後進国の教育放棄したら、目も当てられないよ。もちろん、いきなり核ブチ込んだりするのは間違ってるけど、引っ叩いて「自分のやってることは悪いこと」っていうのを知らしめてやるのは、先進国の義務じゃない?

日本は、戦争をしかけるために憲法改正したいんじゃない。先進国として、後進国の教育のために、しつけのために、過ちを正すために、怒鳴り声とゲンコツを持つべきなんだ。道端でイヤダイヤダしたって、手を貸しちゃあいけないんだ。

ということで、俺は北朝鮮への経済制裁や、自衛隊のイラク派遣を支持してる。


もう1つ。

例えばさ先生。目の前で自分の嫁さんが殺されたらどう思う?目の前で、自分の娘がレイプされたらどう思う?目の前で自分の孫がサッカーボールの代わりにされたらどう思う?

怒りで逆上するのは仕方ないだろう。仮に冷静な判断力を保つことができたとして、そんな非人道的な連中を目にしても、
殺されたって戦争は嫌だ。もっと嫌なのは自分が殺す側に回ることだ
って言えるかなぁ?目の前で、嫁や娘や孫が助けを求めてるのに、
殺されたって戦争は嫌だ。もっと嫌なのは自分が殺す側に回ることだ
って言えるかなぁ。

俺はムリ。絶対ムリ。俺の嫁や子供や家族親族に被害が及ぶようであれば、非力ながらも全力で抵抗するぜ。銃があれば見よう見まねで撃つし、ナイフがあれば見よう見まねで刺したりするぜ。

理由があれば耐えるさ。例えば嫁が強盗殺人とかしでかして、死刑確定した。反省の色もない。そしたら、目の前で嫁が絞首刑になったって、俺は耐える。それだけのことをしでかしたんだから。

俺だって、可能な限り
身近に、一人一人の今の生活を守りたい。
と思ってるさ。それが理不尽に破壊されたとき(具体例としては北朝鮮による拉致とか)。本当に
殺されたって戦争は嫌だ。もっと嫌なのは自分が殺す側に回ることだ
とか言えるの?


・・・まぁ、なんだ。ノーベル賞取るほどなんだから、俺なんかとは比較にならないほど頭良いんだろうけど、
専門外の社会的問題も考えなければいい科学者になれない。僕たちはそう学んできた
っていう発言は、失笑しかでないよ。あんたバカだな、と。
ラベル:9条 益川敏英
posted by 小川 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック