2008年09月09日

トヨさんの意見に賛成

負けた言い訳なんか聞いてない。


今週の週ベの『オレが許さん』立ち読みしました(立ち読みかよ)。俺なりの要約をすると、
  1. 負けた言い訳を、ボールや審判のせいにするな。条件は各国一緒だ。むしろキューバなんかは、国際大会用の選手を連れてきてる。(それに引き換え星野は云々)
  2. いつまでも日本ルールでやってんじゃねぇ。シーズンの間から、国際球対応、国際ストライクゾーン対応しろ。
の2点。

俺としては、どちらも批判ポイントが見当たらないと感じた。

1については、もはや何も言う必要はない。すべての責任を背負うとかなんとか言ってた星野は、帰国してから言い訳三昧。もはや「漢・星野」は過去の出来事だ。

2についても、これは頷かざるを得ない。日本ルールと国際ルールで、ルールが違う競技なんて野球ぐらいのモンじゃなかろうか? 国際ルールに合わせるのが世界の常識だろう。逆に日本ルールに固執するならば、それを国際ルールとすべく行動するなどしなければならないのではないか?

『オレが許さん』はあまり好きではないが、今回はどう考えてもトヨさんの言っていることのほうが、スジが通っている。


ラベル:豊田泰光
posted by 小川 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。