2008年08月23日

投打にビビってる印象

なんだかんだで実はアメリカ戦を少し見た以外は見てないんですが、そのアメリカ戦見て「こりゃダメだ」と思ったクチです。

戦力のいびつさは、もう今更言うまでも無いよね。山本浩二守備走塁コーチに始まり、守れる外野手が1枚たりなかったり、遊撃手がやたらといたり、スモールベースボール掲げる割には、中長距離砲ばっかりのスタメンだったり、先発投手ばっかだったり。

藤川温存、上原不安、じゃあ岩瀬、でメッタ打ち。

アメリカ戦見て思ったのは、日本の打者は初球の甘い球を必ず見逃してた。待てのサインが出てたのかな。んで、難しい変化球振って凡打や空振り。まぁ、たまに初球を打ちにいってもなぜか内野ゴロでしたが。

また、投手も不用意に初球甘い球投げてた気がするけど気のせいかしら。まぁ、タイブレークの岩瀬は露骨に甘い球投げてましたが。あれは無いわ。

なんていうか、スモールベースボールどころか長嶋野球という感じでした。アレじゃダメだわ。


星野監督のやり方は、『選手と心中』というカンジなんですが、よく本当に心中して逝ってしまうのが難点なんだよね。
阪神監督時代、藤本の「嫁さんにええかっこ見せて来い」は、成功心中。
伊良部の日本シリーズ第二戦は、失敗心中。

準決勝韓国戦は、岩瀬と心中。(上原投げなかったし)

墓標の中の人も書いてたけど、
人選も打順も継投も全部駄目じゃないの
には、禿同だねコリャ。
posted by 小川 at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック