2008年12月22日

笑いのツボ

去年に比べて、今年はイマイチだったなぁキンコン・・・
笑い飯は、今年も前半と後半で話が2本入ってて消化不良だったというか、前半なんだったんだろう・・・って気持ちになったなぁ。
ザ・パンチは、緊張し過ぎ。間が空きすぎてセリフ飛んだのかと思ったわ。

ということで、俺の注目株は散々な目に遭いました。残念。
オードリーの1本目、NON STYLEは2本とも、非常に面白かった。U字工事も面白かった。
オードリーの1本目とナイツの2本のネタは見たことあったなぁ・・・


さて、M-1前夜あたりから、俺のお笑いのツボがどこにあるかを考えていた。辿り着いた可能性は2つ。

1.スピード感溢れる笑い。
笑い飯、品川庄司、キングコング、超新塾。また、NON STYLEやU字工事もそうかな。ハイスピードハイテンションでボケを連発する笑い。どこかでツボに入ってしまったら、その後は大しておかしくなくても笑い続けてしまう魔力を持つ。その代わり、ウケなかったらずっと冷めた目で見ることに成る。

2.予想を裏切る笑い。
クールポコ、南海キャンディーズ、ザ・パンチ、オードリー、チュートリアル。単純に面白いことを言う、もしくは、ギャップで笑わせる笑い。南キャンとオードリー、チュートは前者、クールポコとザ・パンチは後者。1つ1つのボケ(ツッコミ)がいちいち面白いため、短時間見ただけでもファンになってしまう。

というカンジ。

俺の中では、POISON GIRLS BAND とかトータルテンボスとかの笑いが分からない。上記のどちらにも属さない、とは思わないのだが(2に属すると思う)、俺のツボには来ない。何かが違うんだろう。いやはや、自分のことでありながら、なかなか解析できないものであるよ。
posted by 小川 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠すぎる

cd.gif


遠いよ。

大文字小文字を無視する仕様が、人間の目と機械様のデータとの間の整合性を乖離させているな。

ラベル:Yahoo!
posted by 小川 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする