2008年12月18日

中曽根外相のまとめで終了



俺的要約。


齋木アジア大洋州局長
「六者がどういう考え方を持っているのかは、議論の過程で分かった。それは収穫。ただ、文書合意できなかったのは残念。」

川上委員
「日朝会談できなかったよね。原因は何だと思う?」

齋木アジア大洋州局長
「北朝鮮の考え方は、日本の立場から見ると厳しいものがある。」(この『厳しい』は、『柔和でない』という意味)

川上委員
「6月の日朝会談で、『北朝鮮 ⇒ 拉致問題再調査の実施』『日本 ⇒ 制裁の部分解除』を両国同時に行うっていう約束したよね?」

齋木アジア大洋州局長
「(6月より新しい)8月の日朝実務者協議で『北朝鮮が調査委員会立ち上げる』 ⇒ 『日本が制裁の部分解除する』って約束したよ。」

川上委員
「8月の話なんかしてないよ。6月の骨子で『再調査の実施発表と同時に制裁部分解除』って書いてあるよ。同時にやるんだから、(北朝鮮を信用して)日本が先にやる、ぐらいの調整しなさいよ。そういう調整した?」

齋木アジア大洋州局長
「6月の話はもう古いの。8月のが最新なの。『北朝鮮が調査委員会立ち上げる』 ⇒ 『日本が制裁の部分解除する』で合意したのに、北朝鮮は言い訳してやってないジャン。」

川上委員
「アンタが信用されてないから、北朝鮮も行動しないんじゃないの? 『同時にやる』って書いてあるジャン。」

中曽根外務大臣
「8月の日朝実務者協議で、『北朝鮮側が調査を開始するという連絡が来たら、今度は日本側が規制解除を実施する』ってことで合意したの。北朝鮮が先にやんなきゃいけないの。」


・・・ということだと認識している。中曽根外相の説明で一発理解。

それとは別に、川上委員に対して、『北朝鮮の再調査を待たずに制裁解除をして良いのか?』という疑問が残る。なぜか報じられないマスコミにも疑問を感じる。今、何の先入観もなしに「北朝鮮への制裁を部分解除する」って言ったら、不満の声って大きいんじゃないかな。何の根拠もないけど。

ちなみに、ネクスト外務大臣は8月の日朝実務者協議の直後、次のように述べておられるけど、川上委員の行動は黙認かね? それとも、最新じゃないのかな。
日朝実務者協議を受けて(コメント)

 民主党『次の内閣』ネクスト外務大臣 鉢呂 吉雄
ネクスト防衛大臣 浅尾慶一郎

 中国・瀋陽で行われた日朝実務者協議において、6月の同協議で合意された北朝鮮による拉致被害者の再調査を開始し、可能な限り秋までに終了することが合意された。日本は、北朝鮮の調査開始と同時に、人的往来の規制解除、航空チャーター便の規制解除を実施することになった。

 これまで、何度も国際間の合意を裏切ってきた北朝鮮の行動を顧みれば、再調査が開始されるのか、拉致被害者の消息が明らかになる調査が行われるのかどうかは不透明であり、慎重な見極めが必要である

 政府は、期待を抱いてきた被害者の家族の期待を裏切ることなく、一人でも多くの生存者を発見する調査になるよう、北朝鮮に対し、引き続き毅然たる態度で協議を行っていくべきである。

 以 上



あと、全然関係ないんだけど、言葉を聞いててもなんだか今ひとつわからなかったので、文字起こししてみた。1ヶ月もすりゃ議事録がアップされるんだろうけど、その頃には俺がもう興味を失ってるだろうしな。いつものことだ。

初めての文字起こしは、10分半の動画で約1.5時間かかった。これが一般的な速度かどうかは分からない。(途中、意味不明な文言の検索とかも含めての時間)


 文字起こしを見る
posted by 小川 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

窓掃除の前に

なんかテレビで、窓拭き掃除の時間短縮術やってたような・・・


(検索検索)


ああ、あった。これだ。
http://tvtopic.goo.ne.jp/program/77/11908/213592/0/0/1/index.html

検索結果っぽいので、魚拓も貼っておく。
http://s01.megalodon.jp/2008-1218-1106-11/tvtopic.goo.ne.jp/program/77/11908/213592/0/0/1/index.html


さて・・・じゃあ大掃除始めるか。
posted by 小川 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする