2008年12月15日

自家中毒になる理由

櫻井敦司は天津影久と親子丼の夢を見るか

(略)

そのイメージとは「親子丼」というネーミングから来るもので、こんな悪趣味な名前を最初に付けた奴は死んでもいいと思う。
わたしは子供の頃ずっと、この名前のせいで、ニワトリとその親が産んだ卵をわざわざセットで殺して作った料理=「親子丼」だと思っていた。すなわち、どんぶりの上に乗っかったニワトリと卵は「血のつながった実の親子」だと思っていたのである。

(略)

小学校くらいまでのわたしは他にも色々とろくでもない想像が働きすぎて食べられないものが多く、それはひどい偏食だった。「美味しくない」とか「見た目がイヤ」という理由より、脳内劇場で残虐シーンがフルカラー絶賛上映中(台詞付き)になるほどイメージ力が強いために食べられないのである。
うぐいすパンの中には形もわからないほど磨り潰したうぐいすがみつしりと詰まつてゐた(略)という具合に、おおむねネーミングからイメージが膨らんでしまい食欲をなくすのだが、生牡蠣は見た目が摘出したばかりの眼球みたいだと思う。口の中に入れるとあの丸みが眼球の丸さを想起させ、プチッと噛むと中から眼球の中身が(略

(略)

なぜ食べたくないのかをちゃんと説明しなかった
ので、周囲の大人からは単に「偏食が激しくて神経質な子供」と思われていた。

(略)

そういえば、俺の叔母にあたるヒトも、幼少の頃に自家中毒だったと祖母から聞いた記憶がある。確か、「何食べさせても吐く」とか言ってたような。ナツさんと同じような理由でそうなっていたのかどうかは定かでないが、祖母および叔母に話を聞いてみるのは一興。ウチの娘が自家中毒にならない保証はないし、知っておいて損はなかろう。もしなったら、じっくりと、食べたくない理由を聞いてみるのも良いだろう。(正直に話してくれる環境をどうやって作るかは難しい問題だが)

ちなみに、自家中毒だった過去を持つ叔母は、調理師免許を持った調理師さんです。今は、偉くなってデスクワークが多くなったらしい。人生、何がどう転ぶか分からないモンですな。
ラベル:自家中毒 ナツ
posted by 小川 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうなんか憐れで憐れで

「仲間以外はすぐ裏切る」…星野、板に付いたうらみ節

 北京五輪日本代表監督を務めた星野仙一氏が11日、都内で行われた「山本浩二 野球殿堂入りを祝う会」に出席した。挨拶を求められると、山本氏を前に「いろいろ手助けをしてもらい、頭を悩ませながら毎日を過ごした1年間だった。四十数年間の仲間は裏切らない。他のヤツはすぐ裏切るけど」とチクリ。五輪で惨敗した後、手のひらを返したように星野バッシングに走った球界関係者を皮肉った。司会者が「(すぐ裏切るヤツは)この会場にもいらっしゃっているんですか?」と突っ込むと、「いっぱいいますね」。

 すっかり愚痴が板に付いた星野氏とは対照的に、WBC日本代表を率いる原辰徳監督は上機嫌。「僕が新人だった1981年、オールスターでセの4番だった山本さんが『ワシのぉ〜』と話しているのを聞き、プロで4番を打つ人は“ワシ”って言うのかと感心しました」というジョークで会場を沸かせた。

もはや裸の王様。怒りや滑稽を通り越して、憐れですらある。まだなぜ自分が批判されたのか分かってないんだこのヒト。

山本浩二や田淵には悪いけど、もう一生、イエスマンだけを集めて生きてれば良いんじゃないの。彼の栄光時代は、阪神監督時代で終わった。俺らは彼の存在を頭の中から抹消して構わないだろう。

青太字部分についての俺の考えは、過去ログ参照。
ラベル:星野仙一
posted by 小川 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

所詮スポーツ紙

麻生首相今度は“暴力団語”言っちゃった魚拓

 麻生首相は14日、公害の経験から環境を重視した町づくりを進めている北九州市で、リサイクル工場などが集まった「北九州エコタウン」を視察した。展示センターでリサイクルの仕組みの説明を受けると「民間で(環境対策を)銭にしちゃおう、しのぎにしようというのがすごい」と評価。ただ「しのぎ」は暴力団の資金獲得の活動や収入源を指す言葉として使われることが多く、表現として不適切との指摘も出てきそうだ

問題発言ということにしたいのですね、わかります。

スポニチ程度の二流新聞にこんなことを望むのは酷かもしれないが(邪笑)、正直、言葉遊びとか言葉狩りとかそんなくだらんことは記事にせんで良い。日本という国のために、国民のために、どういう活動をやったのか。それが是なのか非なのか、そういう記事を書いてほしい。彼が金持ちのボンボンで毎日高級バーに通っててそのバーの値段がどうとか、非常にどうでも良い。
posted by 小川 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | チラ裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする